劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

SCREEN118 風と共に去りぬ

不朽の大河メロドラマ、前半のラストがすごい 参照サイト

 もう何度もTVやDVDで観ていながら、大スクリーンではなかなか観る機会がなかった「風と共に去りぬ」、午前10時の映画祭でやっと劇場で観ることができました。
劇場だと序曲や終曲も上演されるのがうれしい限りです。
 この一大大河メロドラマ、制作年が1939年と映画祭中最も古い作品なのにカラーであるのもすごいのですが、今でも使われる恋愛ドラマのパターンが既に出来上がっているのにも驚かされます。
勝気で自分に率直なヒロインや、不良っぽくて包容力がある男性に反発しながら惹かれるさま、
お互い気になりながら すれ違いを繰り返すじれったさ。
不朽の名作として今なお観られているわけです。
(旧作なので以下ネタバレ気にせず書きます。 気になる方は飛ばして下さい。)

 今回じっくり見直して、今更ながら気付いたのは、
自分の意志でやりたいように生きた印象だったスカーレット・オハラが、
実は、ままならない人生に翻弄されていて、いつも決して満たされず幸福でなかったこと。
 そして、初めて観た時は気の強いスカーレットがそれなりにチャーミングに見えたのに、
今改めて観ると、単にわがままで幼稚な女性にしか思えず、魅力が無くなってしまったこと。
逆にあまりにも優等生的でリアリティがなかったメラニーのほうが、その純真さと聡明さに人間的にも惹かれたこと。 レッド・バトラーもメラニーには一目置いていたのが今になって理解できました。
 この変化は自分が年とったせい(笑)もあるかもしれませんが、現代の人々の変化、
今の世の中、スカーレットのようなキャラはありふれてしまって、メラニーのような人間こそ少なくなってきたからのような気がしてなりません。

 「風と共に去りぬ」と言えば名セリフ、
  「明日は明日の風が吹く(After all, tomorrow is anather day.)」
と共に、絶望的状況でも明日へ希望を託すラストシーンが有名ですが、
私はそれよりも前半の最後が強烈に印象に残っていて、何度観ても感動してしまいます。
スカーレットが空に向かって独白するシーンです。

 陥落するアトランタから必死の思いで脱出し、
故郷タラに戻ったスカーレットが直面したのはタラの惨状でした。
財産はおろか食糧さえ無く、ひもじさのあまり、畑に残った大根を掘り出し齧りつくスカーレットは
惨めさに思わず嗚咽してしまいます。
でも次の瞬間スカーレットは立ちあがり、天を仰いでこう宣言するのです。
 「神様に誓います、こんなことで私は負けません。
 私は生き抜いてみせます、これを乗り越えて、二度と飢えたりしません…
 たとえ嘘をつき、盗み、騙し、人殺ししなくてはならなくてもです。
 神様に誓います、私はもう二度と飢えません!」

これはすごいと思いません?
神に向かって「生きるために人殺しもいとわない」
と言ってしまうんですよ。
人間としての誇りを取り戻すために、全てを奪った神への宣戦布告とも受け取れる
言葉を口にするスカーレットの強烈な意志と生命力、そして覚悟。
 実際このあと、スカーレットはその言葉を図らずも実行していく強靭さを示しますが、
反面、後になって悪夢にうなされる人間的な面も描かれているのがこの映画の深いところ。

 生き抜くために犯罪をも肯定することの是非はともかく、
(これ、非常時の略奪や暴動を肯定する論理なんです)
このスカーレットの強さこそ、今の日本に必要ではないでしょうか。
                      (☆☆☆☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2011-05-03 17:21 | ラブストーリー | Comments(0)