劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

SCREEN119 冬の小鳥

 受け入れがたい現実を容認していくとき、人に起こる変化 公式サイト

 NHK教育に「名作ホスピタル」っていう番組があります。
昔のアニメを題材に心や体の健康を考える番組なんですが、
キャストの中川翔子ちゃんのオタクっぽいところが好きで、毎回何となく観てます(笑)。
 前回は「大切なものを失ったとき」がテーマでした。
番組によると、人はかけがえのないものを失ったとき次の段階を経て感情が変化し、
現実を受け入れていくそうです。
 1)パニック(号泣、混乱等)
 2)否認、怒り(そんなのウソだ!、何で私がこんな目に遭うのか、等)
 3)取引(良い子にしているから返して下さい、等)
 4)抑うつ(何もする気が無くなり、虚無的になる)
 5)受容(失ったことを現実としてあるがままに受け入れる)
人はこの段階をきちんと踏まえた方が早く感情が安定するとも言います。

 知っている人ならすぐ気付いたと思いますが、
これはキューブラー・ロスの言う、人が死を受け入れる際の心理とほぼ同じです。
ロスは著書「死ぬ瞬間」で、不治の病に侵された人が死を受け入れていく過程の観察から、人の心理は段階を追って変化し最後は静かに死を受け入れていくとしました。
番組で示されたモデルはこれを応用・発展させたもののようです。
大切なものを失った場合も、死を目前にした場合も、
受け入れがたい現実を容認する心理過程は同じ、という事なのでしょう。
 韓国映画「冬の小鳥」を観ていたら、この事を思い出しました。

 映画「冬の小鳥」は1975年の韓国を舞台に、
大好きな父親に孤児院に置き去りにされた少女ジニの物語。
 この映画、プロデューサー、キャスト、撮影が韓国のせいか、韓仏合作の韓国映画となっていますが、監督のウニー・ルコントは幼少の頃フランスに里子に出された韓国系フランス人。自身の体験を元に書いた彼女の脚本が注目され、制作されたそうですが彼女はずっとフランス映画界に関わっていて、彼女自身は韓国語も忘れてしまっているそうです。
実はこの映画、韓国映画の皮をかぶったフランス映画とも言えるのではないでしょうか。

 それはともかく、この映画の一番の魅力は主人公であるジニです。
演じるキム・セロンの可愛らしさもあるのですが、
父に突然孤児院に預けられたジニがとる反抗が、とても子供らしく自然です。
例えば孤児院での初日、ジニは置き去りにされたことが信じられず孤児院に入るのを拒否し、夜真っ暗になるまで庭の片隅でずっとうずくまっています。
この意固地さと不安感、私は子供の頃の似たような体験を思い出しました。
 大人に反抗する子供と言えば、「大人は判ってくれない」のコレット君ですが、
彼は平気で嘘をついたりするちょっと悪ガキで、少し理解しがたいところがあるのに対し、
ジニの感じる戸惑い、不安、怒り、そして世界への不信感はよく理解できますし、
そこから生じる彼女の反抗も共感できます。
孤児院のジニは「害虫」のサチ子のように寡黙で、笑いません。

 孤児院にいる事実を拒否し、周囲から孤立していたジニも、
次第に父親に捨てられた現実、孤児としての生活を受け入れざるおえなくなります。
この過程が冒頭の「大切なものを失ったとき」と似た部分があって、あの番組を連想させたのでした。
孤児院の友達との間に起きたつらい出来事の後、父との繋がりが無くなった事実を知った時、怒っていたジニは抑うつ状態になっていきます。
この後ジニは、ある通過儀礼的行為を行ったことで、態度が大きく変化するのです。
ここはある意味「死ぬ瞬間」のようで象徴的です。
人が受け入れがたい事実を認めるには、このような過程が必要ということでしょうか。

 ジニは最後まで父を慕う感情を失くしませんでした。
親への盲目的信頼がまた子供らしくて、胸を締め付けるのでした。
                            (☆☆☆☆)
[PR]
Commented by mellowww at 2011-05-25 22:31
お久しぶりです!
確かに受け入れる気持ちの変化は、その順序ですね、
冷静に思い返すと。。。
「名作ホスピタル」気になりました。

なんやかや、仕事で気持ちにダメージを受けていたみたいで、
やっと本当の自分を取り戻した気がします。
今まで全く映画を観る余力もなかったのですが、
少しづつ観ていきたいと思っています。

今話題の「ブラックスワン」はご覧になりました?
「プリンセストヨトミ」も気になりますが。。。
※有名所ばかりですみません。
Commented by am-bivalence at 2011-05-26 23:56
ご無沙汰してます!頭痛とか体調はいかがですか?
名作ホスピタル、金曜夜中にやってる15分のゆるい番組です(笑)。期待せずに観るとちょうどいい感じです。
5段階の変化に興味を持たれたなら、キューブラー・ロス「死ぬ瞬間」を文庫でも出ているので読んでみるのもいいと思います。

 お仕事大変だったようですが、解放されたところで心機一転、次のことに進めるよう陰ながら声援しています。
気分転換にも気になる映画があったら観に行って、感想を読ませてくださいね。

 「ブラックスワン」観ましたよ。評判通りの主観映像ホラーでした(笑)。「プリンセストヨトミ」、大阪人としてはやっぱり気になりますか。
私が最近気になっているのは「アジャストメント」と「八日目の蝉」かな?
by am-bivalence | 2011-05-22 23:03 | 人間ドラマ | Comments(2)