劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

SCREEN130 風立ちぬ

"一番傷つきながら生きている"ことの意味  公式サイト

 最初、アニメ「風立ちぬ」は印象悪かったです。
6月頃から映画館で「風立ちぬ」の4分間スポット予告を始めたんですが、
これが映画本編終了後に上映するという、タイミングの悪いもの。
観客が観たくて来た映画の後、余韻に浸る間もなく関係ない映画の予告など見せられたんじゃ興醒めです。
どんなに面白そうな映画でもこれでは逆効果、
絶対観に行ってやるもんか、と思ってしまいました。
(ジブリらしからぬまずい宣伝は、さすがに不評だったと見え、2週間ほどで普通の予告と同様、本編の前に上映するように変わりました。)
 でも宮崎アニメ、公開されるとやっぱり観に行ってしまうんですね。

 宮崎駿監督5年ぶりの新作は、実在の人物と現実世界を扱ったこれまでに無いパターン。
監督自身は子供向けアニメをやりたかったのですが、
鈴木プロデューサーが模型誌に連載したこのマンガの映画化を要望したとか。
 プロデューサーとしては低年齢層を意識した「ポニョ」がヒットはしたものの、
トトロほど人気を得られなかったので目先を変えたかったんでしょうか?

 それはともかく、出来上がったものを観ると、大地震で家の飛び跳ねる動き、汗の雫や吐血時の液体の表現など、ポニョで使った絵本やマンガのような、写実的ではない手法を踏襲してます。
宮崎監督、自分のやりたかったことをちゃっかり盛り込んでいます。
 鈴木プロデューサーは実在の人物、世界を扱うならば、得意の飛行シーンも使えないだろうと思っていたようですが、そこも宮崎監督、現実世界に夢の中、空想の中のシーンを差し込んで、思いっきり飛び回っています(笑)。 好きなプロペラ飛行機も思う存分引っ張り出して。
 プロペラやエンジン音など効果音を人の口でやるというのも、マンガ的表現の一環なんでしょう。この効果音は部分的に人の声と感じ取れるところがあって、空想の中の飛行機であるのが強調されたような不思議な感覚があったり、震災の時の地鳴りのような音に人のうなり声が混ざって不気味さが増していたり、面白い効果を上げていたと思います。
 震災時のモブシーンも見どころ。 これは大画面で観るべきでしょう。
夢の飛行シーンと比べると、震災シーンはさながら悪夢のようです。

 映画で隠れたファクターになっている仕事観ですが、
元になった雑誌連載の「風立ちぬ」では、二郎が自分の設計を通すためにさまざまな策を弄していて、狡猾ともとれる面が描かれています。
 宮崎監督は以前「カリオストロの城」を短期間で制作しなければならなかった時、スタジオ入り口に自分の机を置き、スタッフを帰りづらくして遅くまで働かせようとしたといいます。監督の言う"力を尽くして事を成す"とは、いい仕事のために手段を選ばないところがあって、仕事論として興味深かったのですが、映画ではそんな描写が無くなっていて拍子抜けでした。
まあ、あのまま映画にしていたら" 二郎っていやなヤツ"と思われたからでしょうけど(笑)。

 そしてラスト。最後になってゼロ戦に言及してるのですが、
ここが一番感動的でした。
夢を追って誰よりも優れた業績を上げたのに、その結果は。。。
 宮崎監督は庵野秀明を吹き替えに起用した理由について、
「現代で一番傷つきながら生きているから」と語っていました。
吹き替えの成否はともかく、ラストシーンでその意図が痛みとともに理解できたのでした。                                        (☆☆☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2013-08-09 22:50 | アニメ | Comments(0)