劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

intermission2 ライトセイバーは"光の剣"でなく"光る剣"か?

 新三部作で評価を落としてしまった感のある
スターウォーズ・サーガですが、映画を語る上で
欠かせない作品であるのは間違いありません。

 スターウォーズの世界観を形造るうえで
無くてはならないものの一つが、ライトセイバーです。
(初公開時はライトサーベルと訳されてました。)
強力なビームが剣となるライトセイバーは、
古い世界観とリアルなメカが融合したスペースオペラである
スターウォーズ世界を端的に示したアイテムでした。
ただ、物理法則を無視したような
ライトセイバーのような武器がどうやったらできるかは、
物理学者をも巻き込んで(?)議論されてきました。

 レーザー光のように見えるライトセイバー、
本当にレーザーなら、適当な長さでちょん切れるはずがありません。
スターウォーズ世界には、光の光路を自由に制限できる
テクノロジーでもあるのでしょうか。
もし、仮にそんなテクノロジーがあったとしても、
本当に光ならライトセイバー同士で切り結ぶなんて
できないはずです。
光同士交差しても、すり抜けるだけだからです。

 私はこのライトセイバー、実は光ではなく、
伸縮自在の発光する高エネルギー体でできている、
と考えています。
 そんな夢がない、と思わないで下さい。
証拠が映画の中にあります。

 「スターウォーズ ジェダイの帰還(復讐)」では、
ルークとダース・ヴェイダーが
パルパティーン皇帝の前で決闘します。
戦いたくないルークに、ヴェイダーが
ライトセイバーを投げつけるシーン、
投げられたライトセイバーをよ~く見て下さい。
ライトセイバーは刃を中心にして回転しています。
ライトセイバーが光なら、この動きはあり得ません。

f0126707_213487.gif

 物体が空中で回転するとき、
物体は重心を中心にして回転します。
ライトセイバーが光なら、光は質量がほとんどありませんから、
ライトセイバーの重心は刃ではなく、本体側にあるはずです。
本体を中心にして回転しなければなりません。
刃を中心にして回転しているということは、
ライトセーバーの刃は質量を持つ物質であるということになります。

 ライトセイバーが伸縮自在の物質であるなら、
切り結ぶのに何の違和感もありません。
高エネルギーを持った物質がプラズマ発光しているとすれば、
色にバリエーションがあるのも説明できるんじゃないでしょうか。
だから、ライトセイバーは「光の」剣ではなく、
「光る」剣なんです。

 スターウォーズの図解本には
ライトセイバーの中にクリスタルがあって
いかにも光を出すように解説していますが、
これはライトセイバーは光であるという神話を造り、
敵に武器の構造を知られないようにするための、
ジェダイ騎士団の策謀と思われます。
[PR]
Commented by スターウォーズ大好き at 2013-07-31 01:47 x
面白い考察ですね!
私が以前読んだ物には「ジャイロ効果」により、特別な訓練をつまなければ扱いが難しい。という解説がされていました。
ライトセイバーの中でアデガンクリスタルか磁気リングだかが高速回転している、というのも聞いたことがあったので、それでジャイロ効果が生まれるのかな?と考えておりました。
実際はルーカスのみぞ知る、という所でしょうか
Commented by am-bivalence at 2013-07-31 22:00
 スターウォーズ大好きさん、コメントありがとうございます。ジャイロ効果のことは知りませんでした。
私は以前、ライトセーバーは光だから質量が無いため訓練しないと扱いが難しいという解説を読んだことがあります。
 映画で描かれていることは全て真実であるという"映画原理主義"で言えば(笑)、エピソードVIのカットはどうみても重心がライトセーバーのグリップ外にある動きで、光線部に質量が無ければ説明できないと思います。姿勢を安定させるジャイロ効果でもこの動きにはならないかと。(^_^)
いずれにしてもライトセーバー、一度は実物を手にしてみたいと思わせる魅力がありますね。
by am-bivalence | 2007-01-14 01:09 | SF | Comments(2)