劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

screen6 ダーウィンの悪夢

 資本主義経済の歪みを提示しようとするが、
          イエロージャーナリズムでは?
  公式ホームページ

 西洋資本主義は、途上国をまず自分達の
経済機構の最下層に組み入れ、搾取していきます。
それが端的に表れているのが為替相場だと思います。
途上国の通貨レートは先進諸国の通貨に比べ極端に低く、
先進諸国の平均月収が、為替で換算すると途上国の年収になったりします。
豊かになりたければ這い上がって来いというわけです。

 この構図は今に始まったことではなく、
大航海時代、西洋人が南北アメリカ大陸に進出し、
ネイティブアメリカンなどから搾取した頃からずっと続いています。
これを不条理と思う人間がテロに向かったりするのではないでしょうか。

 ビクトリア湖のカワスズメがナイルパーチによって
壊滅的打撃を受けているのはよく知られています。
 本作はナイルパーチをキーワードにしていますが、
環境問題を取り上げているわけではありません。
むしろ、魚の生態系などはどうでもいいようで、
追っているのは、主にアフリカ社会下層で虐げられている人々です。
そしてそれら惨状とナイルパーチの輸出産業を何とか結び付けようとします。
また、魚の輸出と武器輸入の関連性にもこだわり続けます。
アフリカの貧困の根っこに、日本も含めた先進諸国との経済的力関係を垣間見て、
その責任を問おうとしているのです。

 ただ、これらを追求したい姿勢は分かりますが、明確な関連を示しきれないため、
それが成功しているとは言い難いのが、この映画の悲しいところです。
ナイルパーチのボイコット運動というおかしなリアクションが起こったのも、
そういった点がうまく伝わらなかったからではないでしょうか。
                                   (☆)


 参照書籍:「カナダ先住民デネーの世界―インディアン社会の変動」 新保 満 明石書店
    著者が、カナダ北西準州の先住民を実地に調査・聞き取りした、
   先住民の社会・習慣の変遷をまとめたもの。
   国家など必要なかった西欧人進入前の先住民の暮らしぶりと、
   毛皮商人の侵入により、未知の病気が流行ったり、
   経済格差が生まれていく様などが具体的に語られています。
    グローバリゼーションの原型がここにもあります。

 参照映画:「ナイロビの蜂」 フェルナンド・メイレレス監督 2005年
        「ロード・オブ・ウォー」 アンドリュー・ニコル監督 2005年
    先進諸国にアフリカが搾取される構図は「ナイロビの蜂」、
   武器輸出入と先進国の関連は「ロード・オブ・ウォー」がよく描けています。
   問題を知らしめるのに、フィクションのほうが秀逸なのが残念です。
    がんばれドキュメンタリー!



 一度見た限りで思い違いもあるかも知れませんが、
この映画には幾つか疑問点があります。
それがイエロージャーナリズム(裏付けがなくても
センセーショナルに書き立てる報道)では?と思う点です。
事実を謳うドキュメンタリーですので具体的に挙げておきます。

1)あら処理場で働く女性、発生するアンモニアで片目の眼球を無くしたというが、
 アンモニアだけでそんな症状が起こるのか。
 本当に眼球を無くすようなガスなら、なぜ両目に作用しなかったのか。
  つまり失明と処理場の異臭の関連性に疑問がある。

2)武器輸送の疑惑、具体的な証言(証拠)はパイロットの昔話のみ。
 (と、地元新聞記事)
 しかも酔わせてしつこく尋ね、言わせているような節がある。

3)湖畔でストリートチルドレンが鍋のご飯を奪い合うシーン、
 誰がご飯を炊いて与えたのか。
 飢えた子供なら奪い合いになるのは当たり前。
 スタッフが与えたヤラセではないのか。

4)ストリートチィルドレンが梱包財(発泡スチロール?)を溶かして「ドラック」とする場面、
 正確にはドラックじゃなくて「シンナー遊び」ではないか。
 「ドラック」とセンセーショナルに呼ぶのはいかがなものか。
[PR]
by am-bivalence | 2007-01-21 15:46 | ドキュメンタリー | Comments(0)