劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

screen23 ブラッド・ダイヤモンド

 社会派っぽいアイテムを散りばめた、四つ巴ダイヤ争奪アクション  公式サイト

 前回観た「ブラックブック」では物語の始めに、
資産家の娘だったヒロインが国外脱出のため、
預けていた資産を受け取りに行くシーンがあります。
 そこでドル紙幣と供に受け取るのが、
一袋のダイヤの原石でした。

 ユダヤ人とダイヤには大きな関連があります。
各地で迫害を受けていたユダヤ民族は
組合のある産業に就くことができず、
働き口は組合の無い職業に限られていました。
その一つがダイヤ加工業だったそうです。
(以上、「ブラックブック」パンフレット受け売り)

 やがてダイヤ流通は20世紀初頭、
ユダヤ系資本を後ろ盾にしたデビアス(De Beers)社に独占されていきます。
 といっても、その体制は磐石ではなく、
1980年頃には、イスラエルのダイヤ産業との競合で価格が暴落したりしています。
(ユダヤ系資本も、決して一枚岩ではなかったわけです。)
 それでも、今もデビアス社の独占体制は続いていて、
それがダイヤの高値安定を維持させる状況を作っています。
 デビアス社が生産調整しなければ、世界のダイヤ生産量は今の何倍もあるそうです。
ダイヤは日本で思われているほど、宝石として希少価値はないらしいのです。
(以上、ネットでちょっと検索した結果。
今の時代はネットで簡単に調べられていいですね。)

 「婚約指輪は給料の三か月分」って、
世界共通のキャッチ・コピーだったんですね。
(もちろん、これもデビアス社製)
 映画の中で、ディカプリオがこのコピーを口にします。

 本作でディカプリオは、過酷なアフリカ社会をサバイバルしてきた、
元傭兵のダイヤ密売人を好演しています。
前半のやり手ぶりと、後半に見せる人間味が
結構、ディカプリオの雰囲気にマッチしていて、
これまでで一番魅力的ではないでしょうか。

 ジェニファー・コネリーは、危険地帯を渡り歩くジャーナリストにしては
綺麗すぎるように思いますが、やっぱり魅力的です。

 ジャイモン・フンスーは、家族を取り戻そうと奔走しますが、
自分の命さえ危ういのに、そこまで家族を探そうとするか?
と、ちょっと引いてしまいます。
 アメリカ映画では、それほど命懸けで家族を守るキャラクターが好まれるんでしょうか。

 紛争ダイヤが生まれる状況を広く知らしめたこの映画、
まずは知ることが大切なのでしょう。

 ダイヤ業界は紛争ダイヤをめぐる非難を恐れたのか、
03年からダイヤの出所を明確にするキンバリー・プロセスを導入します。
ただそれもまだ完全に機能しているとは言えないようです。
アムネスティHP参照)
キンバリー・プロセスが形骸化した免罪符にならないことを。
単純な不買運動では問題は解決しないのです。


(以下、ネタバレ)
 ジャーナリストのジェニファーと密売人のディカプリオが
互いに惹かれあいながらも、結局ラブシーン無しなのがよかったです。
そうしたことで、より精神的結びつきが強調されたように思います。

 最後で使う脱出手段、往路でも使えば
簡単にダイヤを取りに行けたのでは?と思うのは私だけでしょうか。
                                  (☆☆
[PR]
Commented by mellowww at 2007-04-17 22:31
うううう・・・・これも観たかった・・・

キレイな海にスキン変わりましたね~(^^)気持ちいい
Commented by am-bivalence at 2007-04-17 23:22
おお、こちらも興味ありましたか。「ブラックブック」とどちらが良いかと言われると、ちょっと悩みますが。。。サスペンス仕立ての「ブラックブック」のほうですかねえ。
 お好きじゃないみたいですが、「ブラッド~」のディカプリオは、なかなかイカシてました。

 サクラの季節も私の周りではもう終わりそうなので、
スキン変えてみました。
 これなら夏まで使える!(^-^;)
Commented by mellowww at 2007-04-18 23:34
なるほど。じゃ、絶対「ブラックブック」は映画館で観ます!
ディカプリオがいかしてたとは!・・・気になる(笑)

夏まで気持ち良く(^^)
Commented by am-bivalence at 2007-04-19 23:59
「ブラックブック」観たらぜひブログに感想を!
ちょっとオトナ向けですけど。(*^_^*)
(アクション好きでしたら「ブラッド~」も御一緒に。)

Commented by mellowww at 2007-04-20 00:26
はい!わたしオトナ向けダイスキです(笑)
Commented by am-bivalence at 2007-04-21 00:00
 さすが、「愛ルケ」観に行ったmellowwwさん(笑)。
でも濃厚なシーンがあるわけでもないので、過度に期待しないほうが(笑)。
 ただ、後半のあのシーンは引。。。って
これ以上は映画館でのお楽しみですね。
Commented by mellowww at 2007-04-30 20:35
今日これを観ようとシネコン行ったら、時既に遅し、満員でした。
GWはあなどれないっす。
Commented by am-bivalence at 2007-05-06 21:46
すみません、GW中はネット環境の無いところにいて、
ブログ見てませんでした。
 「ブラッド・ダイヤモンド」、好調なようです。
GW後でも十分観れますよ。 (^_^)
by am-bivalence | 2007-04-15 00:07 | サスペンス・スリラー | Comments(8)