劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

screen28 パイレーツ・オブ・カリビアン  ワールド・エンド

 「カリブの海賊」がなぜアジア?と考えさせない、
 エンドタイトル後まで見逃せない娯楽佳作
  公式サイト

 実は私、帆船ファンでもあります。
日本丸や海王丸が横浜に寄港して一般公開されるたび、
ワクワクしながら見に行きました。
中学の頃ホーンブロワーシリーズを読み始めて以来、帆船は憧れでした。

 ホーンブロワーシリーズとは、18世紀イギリス海軍の艦長
ホレイショ・ホーンブロワーの活躍を描いたC.S.フォレスターの海洋冒険小説です。
 革命後のフランスとイギリスが対峙していた大航海時代、
船乗りのくせに船酔いしやすく、高所が苦手という、
どこか人間的なホーンブロワーが、
フランス海軍や、時には海賊(私掠船)を相手に、
自艦を指揮して、信頼する部下と戦い抜いていきます。
 帆船による砲撃戦や、艦上の切り込み戦などは
生き生きとした描写で、目に浮かぶようでした。

 映画「マスター・アンド・コマンダー」は、まさにホーンブロワーの世界を
CGを駆使して忠実に映像化していました。
長年空想していたシーンを目の前に再現してくれたことに、感動しました。
 「パイレーツ・オブ・カリビアン3」も「マスター・アンド・コマンダー」と同じ
ILMがSFXを担当していて、リアルで迫力ある砲撃戦を見せてくれます。

 チェーン弾を使ってマストにダメージを与える描写や、
戦艦の内壁が赤く塗られているところ(戦闘で飛び散る血で
兵が戦意を消失しないため赤くしたといわれる)、
操艦時に相手の風上に回ろうとしたり(帆船戦では風上の船が有利)、
砲撃戦で飛び散る木片(多くの兵は砲弾よりもこれで負傷する)、などは感涙ものです。

 と、マニアックな見方はとにかく、「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズは
毎回、娯楽映画としてレベルが高く、帆船ファンならずとも楽しませてくれます。
「3」ではカメオ出演で顔見せ程度と思っていたキース・リチャーズが、
わずかのシーンながら圧倒的存在感で、驚きです。
 ただ、「3」は「1」,「2」と比べ、少しボルテージが下がっているような気がします。

 前半、デイビィ・ジョーンズ・ロッカーに囚われている
ジャック・スパロウの描写が映画のテンポを止めてしまっていたり、
中盤、様々な人物の裏切り、意図が入り乱れすぎて
ストーリーがだれてしまうようなところがあります。
クライマックスの大艦隊を目にして、総力戦が始まるかと思えば
さにあらずだったり、大海賊が9人も集まりながらほとんど活躍しない点、
デイビィ・ジョーンズと女神の因縁の結末が中途半端に見える点なども、
少し大風呂敷を広げすぎた感じもあります。
 ただ、ウィルとエリザベスの辿る運命は、大団円とは行かないのが
ちょっと予想外で、これまでのシリーズとはちょっと違った後味を残します。
(本当に、エンドタイトル後まで見逃せません。)

 一方で、映像イメージはところどころ、ハッとさせられるものがあります。
「2」のデイビィ・ジョーンズやその配下のビジュアルもよく出来ていると思いましたが、
今回はデイビィ・ジョーンズ・ロッカーでの白い平原上の帆船、砂の海を進む帆船、
世界の果てで滝になっている海など、インパクトのあるイメージを
うまくストーリーの中に組み込んでいて、秀逸でした。
                          (☆☆
[PR]
Commented by mellowww at 2007-06-19 00:23
わたしはパイレーツシリーズ全然観たことないんですが、
なぜか、わたしのスキな東京ディズニーランドで、
パイレーツ祭みたいなのしてます。。。
なぜだ?

「ゾディアック」観たいです。
Commented by am-bivalence at 2007-06-23 19:21
 6月から何かと忙しいこともあって、映画館もブログも疎遠になっていました。

 もともと「パイレーツ・オブ・カリビアン」はディズニーのアトラクション
「カリブの海賊」コラボ映画でしょう?(ディズニー・ピクチャーズ提供)。
 なので、私は「1」を映画館で観てませんでした。
「2」が中途半端なエンディングながら評判がいいので観に行き、
面白かったので、それからDVDで「1」を観ました。
ですから、「2」での伏線、把握し切れてないです。(^^;
「パイレーツシリーズ」はジェリーブラッカイマーの面目躍如、
コラボ映画の枠を超えた、誰でも楽しめる娯楽映画になってると思います。

「ゾディアック」、私も観てみたいと思いながら、まだ行ってません。
「プレステージ」も「ザ・シューター」も、機会があればと思いながら行けてません。(T_T)

 「dot the i」、DVD借りて観ましたよ。
ユニークなミステリーで、サンダンスで大受けしたという意味が、観て判りました。
Commented by mellowww at 2007-06-25 01:25
あ、そっか(笑)
カリブの海賊ってそうか(笑々)
観た人みんなが、おもしろい!って言うから、
そろそろ観てみようかな(^^)

昨日「プレステージ」を観ようと思って難波に出掛けましたが、
時間が合いませんでした。とほほ。
「メメント」の監督ですし、スカーレット・ヨハンソン(かなりスキ)も出てるので、絶対観たかったんですけどね。。。

「dot the i」観て頂けましたか!
最後、ははぁーんってなりました。納得的な。
たまにまた観たくなります。
ガエルが文句なしにかっこいいです(笑)
Commented by am-bivalence at 2007-06-25 23:37
 おやおや、「パイレーツ・オブ・カリビアン」=「カリブの海賊」って、
今まで気付かなかったとは!(笑)
 理屈抜きで楽しめる映画です。「1」から観てみて下さいませ。

 そう、「プレステージ」はクリストファー・ノーラン監督なので注目してました。
「インソムニア」と「バットマン ビギンズ」は今ひとつでしたが。。。
俳優は「ヴァンヘルシング」のナイスガイ、ヒュー・ジャックマンが気になってます。

 「dot the i」のガエルって、少年みたいで、かなり若そうに見えます。
私は「アモーレス・ペロス」のちょっと大人びた感じのほうがかっこいいと思いますが。
 おっと、男優の好みばかり書いていますが、
私はおすぎとピーコ系ではありませんので、誤解なきよう(笑)。
Commented by mellowww at 2007-07-06 00:17
レンタルビデオの雑誌を見たら、「パイレーツ」系は軒並み上位でした。やっぱり大人気なんですね~

「プレステージ」そろそろ観に行かなくては・・・。
「ゾディアック」を観たかったのですが、あまりにも観た人達の評価が悪い・・・。DVDになったら観ようかと思っています。

「dot the i」のガエルは確かに少年っぽいですねー。
なんて目がカワイイのだろうと感心しましたよ、初めて観た時(笑)
「アモーレス~」の”ダメな男”っぷりも興味深い。
ガエルは短髪よりもちょい長髪がスキです。

・・・ってガエルばっかり書いてもた。すみません。。。

わたしの教科書的存在のブログが更新されないと、
ちょっと寂しいです。しょぼぼん。
Commented by am-bivalence at 2007-07-06 23:46
 すみません、いろいろあってなかなか映画館に行けず、更新できませんでしたが、一ヶ月ぶりに映画を観てupしました。
 でも、あまり参考にならないかも(^^;。
不定期ですが、まだこれを止めるつもりは無いので、
大目に見てやって下さいませ。

 「プレステージ」、私の近所ではそろそろ終了モードになってます。
「ゾディアック」も近々終わりそうな雰囲気です。
確かにどちらも評価が今ひとつですね~。レンタルでもいいかな~。
 最近は「アヒルと鴨のコインロッカー」がちょっと気になってます。

 ガエルって、映画毎にキャラクターが違ってて、
以外に幅が広いのに感心してます。
「恋愛睡眠のすすめ」も観てみたいんですけど、
近所でやってません(^^; 。。。これもレンタルかな~。
by am-bivalence | 2007-06-04 00:34 | アクション | Comments(6)