劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

screen37 アヒルと鴨のコインロッカー

 切ない、やるせない、そしてなぜか爽やかな秀作ミステリー  公式サイト

  この映画、予告編とタイトルでコメディと勘違いされやすく、損をしているようです。
私も「転校生 さよならあなた」を観たとき、初めて予告編を観たのですが、
てっきりコメディだと思っていました。
 実際、前半はコメディタッチの部分もあり、
濱田 岳演じる椎名の能天気さが可笑しいのですが、
後半はシリアスな展開で、真相が明らかになるにつれ、
切ない思いにさせる物語でした。
 変則的なミステリー形式なので、詳細は"ネタバレ・バリアー"後に書きますが、
映画としては反則すれすれの部分があって、
人によって、それが受け入れられないかもしれません。
ただ、私にはそれほど気にならず、
むしろ気持ちよくだまされました。

 三題噺のようなタイトル、「アヒルと鴨のコインロッカー」にも、
「神さま、この話だけは見ないでほしい。」という謎めいたコピーにも、
「広辞苑」を盗むつもりが「広辞林」だったというギャグ?にも、それぞれ意味があって、 
それが解った時の、ジグゾーパズルのピースがはまったような面白さ。
と同時に、切なさも感じさせるのが秀逸です。

 冒頭、ボブディランを口ずさむ椎名に河崎が
初めて声をかけるシーンがありますが、
ラスト近くでも同じシーンが出てくるのに
全く違う感情を持って観てしまうのが見事です。

 ブータンの留学生ドルジと、恋仲になる琴美、
琴美の元カレの河崎の三人の関係が良いです。
彼らのたどる運命はやるせないですが、
なぜか観終わった後、ちょっと爽やかさや温かさも残すのは
ドルジの一途さと、椎名の純朴さのおかげでしょうか。
 この映画、私的には今年のベストワンかも?
                   (☆☆☆☆)




 ミステリ映画で実際に起こらなかったことを映像で示すのは、
ヒッチコックがやってはいけなかったと反省して以来、
"嘘つきフラッシュバック"と呼ばれ、禁忌となっているそうです。
観客は映像を真実と受け止める傾向があるので、
(でなければ、映画という"虚構"が成立しない)
嘘を映像化すると観客は(映画に)騙されたという心理になるからです。
 この点、映画前半の回想シーンは人物が入れ替わっていて、
反則のようにも見えます。
劇中、河崎と麗子にそれぞれ相手を信用するなと言わせているのは、
製作側もそれを考慮して、観客に注意を与えているのでしょうか。
 ただ、起こったことは映像通りのようですし、
人物が違っている回想は白黒として区別しているので、
ぎりぎりセーフとすべきように思えます。
原作をまだ読んでいないのですが、原作に「叙述トリック」があったなら、
こう映像化するしかなかったのかもしれません。

 観終わった後、幾つか疑問が出てきたのが、
ペットショップ店長の麗子さんの行動です。
 彼女はなぜ、事件後2年も経ってからドルジを探していたんでしょうか。
また、いつ、どうやって彼女は河崎の死を知ったのでしょうか。
椎名に初めて会った時、河崎には気をつけろと忠告しているので、
最初は河崎の死を知らなかったようです。
"拉致事件"が発覚した後、突然、河崎くんはこの世にいないと言っているのは、
ドルジを目撃して河崎の死を察したのでしょうか?
身元を照会した警察にでも聞いたのでしょうか?

 もう一度観直して確認したい。。。
[PR]
Commented by mellowww at 2007-09-05 23:49
ベストワン!!!!まじっすか!??!
amさんオススメなら観ますよ!
コメディだと思ってたわたしですよ!(テンションが↑)

今度の土曜日、ひとりぼっちなので映画観ようと思ってたんです☆
Commented by am-bivalence at 2007-09-06 21:07
 今年観た映画の中で、なぜかこの映画が一番、
観終っていつまでも余韻に浸っていたかった
気持ちにさせてくれました。
という点で、今のところ今年のベストワンです(^^)。
ここがいいと、うまく説明できないのがもどかしいんですが。
(☆☆☆☆はちょっと甘目か?)
伏線いっぱいのミステリー好きでしたら、オススメです!
 ドラマ的にあざとい所もあるかもしれませんが、
私は楽しめました。

 でも大阪だと梅田ガーデンシネマで
1日1回しかやっていないようです。。。
Commented by mellowww at 2007-09-17 22:52
最近めっきり映画から離れてしまっています。。。
仕事での悩みがモリモリ出てきてしまって、
映画や本も読めない状態です(苦笑)

来週、「パンズ・ラビリンス」の試写会行ってきます。
※会社のグループが配給してるのでラッキーです。

amさんは最近どうですかー?
Commented by am-bivalence at 2007-09-17 23:52
最近「どんとこい。」で映画の話題がなくてさびしい感じです。
お仕事、大変なんですか。
映画じゃなくても、どこかに出かけて、
気分転換するのが良いんじゃないでしょうか。

 私も「アヒルと鴨のコインロッカー」観たことで
達成感みたいのがあって、しばらく映画館から遠ざかっています。
3連休が続くので、出歩くことを優先してます。

「パンズ・ラビリンス」って、確か、珍しくスペイン映画の
ダークファンタジーですよね。
公開されたら観てみようかな~と、思っていました。
試写会の感想、楽しみにしてます。
by am-bivalence | 2007-09-02 23:20 | ミステリー | Comments(4)