劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

screen42 ミス・ポター

 子供でも楽しめるミス・ポターの恋愛秘話 公式サイト

 実は私、ピーターラビットの絵本は一冊もちゃんと読んだことがありません。
ただ、以前TVのドキュメンタリー番組で見た、
作者ポター女史のナチュラリストとしての面が印象に残っていて、
この映画に興味を持っていました。
 彼女の描く動物達は写実的です。背景に描かれる植物も、
実在のものを正確に描いているそうです。
ナショナル・トラスト運動の創成期に大きく貢献したことなども
ポター女史に興味を引かれた点でした。

 実在のポター女史が、どんな人だったかは知りませんが、
絵本を出す時にコストのかかる色刷りはやめようと考えていたり、
ピーターラビットのぬいぐるみの製造を初めてライセンス供与したり、
意外に、現実的なビジネス感覚を持った"かしこい"人だったように思えます。

 でも映画でのポターは、上流階級の箱入り娘で、
自分の描いたキャラクターを友達と呼び、話し掛ける、
夢見がちの人物のように描かれています。
 ポターのキャラクター達をアニメで動かして見せるなど、
ピーターラビットファンの子供達が観ることを配慮したんでしょうか。

 自分の空想世界に入り込むという点では、
「パンズ・ラビリンス」のオフェイリアに重なる部分がありますが、
この物語が「パンズ・ラビリンス」と違って明るいのは、
ポターがあくまでポジティブだからというのもあるのでしょう。
 「パンズ・ラビリンス」がファンタジーと言いながら、
ダーク過ぎて低年齢層に観せるには問題があるのと対照的に、
「ミス・ポター」は実話でありながら子供でも楽しめる内容です。
この安心感は小学生向けの伝記物語のようです。

(以下、ネタバレ)

 映画は、編集者との恋が中心となっていくのですが、
この恋愛は唐突に意外な結末を迎えます。
 この突然な恋愛の終焉が会話だけで示され、決定的映像が出てこないので、
ミステリ映画を観過ぎてひねくれていた私は、
てっきり結婚に反対されていた二人を別れさせるための策略かと
疑って観ていました。
 おかげでポターの悲しみにシンクロするタイミングを外され、
悲しみを共有できぬまま後半に移ってしまったのが残念でした。
 それに、後半ポターが立ち直る部分が時間の経過としか描かれておらず、
もっと丹念に過程を描写してくれたら、より感動できたような気がします。

 それにしても、後半ポターが移り住み、土地を買い上げても開発から守ろうとした、
イギリス湖水地方の風景は美しいものでした。
 ポターの半生を描いたドラマよりも、
この光景が今も観れるのは、ピーターラビットあってこそであることに、
感慨を憶えてしまうのでした。
                    (☆☆)
[PR]
Commented by mellowww at 2007-11-01 23:23
レニーさんは、こういう役がぴったりだと思った映画でした。
予告しか観てませんが・・・(-0-;)
安心感を与えませんか?彼女の笑顔は。

ピーターラビットが出来るまでというのは、
映画にならない限り、全く気にしませんでしたが、
少し観てみたいなと思ってました。
そういうお話でしたか。

amさんのブログを見ていて、風景は本当に気になるので、
のんびり観てみたいですなぁ~
わたしを映画館に連れ出してください(笑)
Commented by am-bivalence at 2007-11-02 00:36
 そうですね、レニー・ゼルウィガーは「シカゴ」等よりもはまり役だと思いました。笑顔がとっても嬉しそうなのがいいですね。
 ただ、この映画ではやけに顔が日焼けしているように見えることがあって、それが妙に気になってました。
映画の内容とは全然関係ないけど(笑)。

 たまには息抜きに映画館にお誘いしたいものですが、
大阪まで往復するだけで一日掛かりそうなので(笑)。
 お仕事大変なようですが、気分転換もした方がいいですよ。
Commented by yukon-yuko at 2007-11-05 00:06
こんばんわ。 
これ、見ましたよ~。景色が綺麗でしたねェ。
レニーさんは、役作りの為に、ブリジットジョーンズの日記の時みたいに体重を増やして、イギリス英語をしゃべっていたねェ。
役者って、大変なんだなァ。と 妙な所に関心しちゃいました。ハハハ。
Commented by am-bivalence at 2007-11-05 00:46
 お久しぶり!今週末は旅行してました。
さっき帰ってきたところです。
 これ観てましたか。ひょっとしてピーターラビット ファン?
レニーは役作りでぽっちゃりしてたんでしょうか。
私は「ブリジット…」以降、戻せなくなったのかと疑っておりました(笑)。
Commented by yukon-yuko at 2007-11-10 13:34
ピーターラビット ファンではないんだけどね、
イギリスの庭が映画の中で見れるんじゃないかな!?という目的で
北海道に居たときに、居候先の大家さんとそのお嬢さんと
一緒に見に行ったんだ。 大家さんは、庭作りがご趣味なんだよ。

フフフ、レニーが赤ら顔なのも、”昔のイギリス人”を演出しているんだと
思うよぉ。
Commented by am-bivalence at 2007-11-10 17:58
 エェ!?、昔のイギリス人って、赤ら顔なの?
寒いからほっぺたが赤くなるのかな。
レニーさん、妙に首だけ白く見えることがあって、変だなあと思ってました。

 風景もよかったけど、別荘の庭もきれいでしたね。
庭造りの参考になったんでしょうか。
by am-bivalence | 2007-10-30 22:26 | 伝記 | Comments(6)