劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

screen58 バンテージ・ポイント

 意外に斬新さを感じないが、良くできたエンターテインメント 公式サイト

 同じ出来事を何度も繰り返す複数視点の映画といえば、
私が思い出すのは「閉ざされた森」とか、「ラン・ローラ・ラン」とか。。。
最近では「アヒルと鴨のコインロッカー」もその部類でしょうか。
これらの映画は同じ事件を繰り返しても、
それを語る人物の主観や嘘が入っていて、
同じ事実が微妙に異なっていました。

 でも「バンテージ・ポイント」はちょっと違います。
映像で見せる事実は皆同じです。そこに主観や嘘はありません。
でも、人物によって知る事実が違ってくるので、
観客は最後に事件の全容が分かる構成になっています。
ちょっと変わった映画ではあります。

 ただ実際に映画を観ると、思ったほど斬新さを感じなかったのが残念です。
それは複数視点といっても、
完全に登場人物の視点になっていないからのように思います。
 たとえば大統領狙撃後、広場で起こる爆発は、
常に広場上空から爆発を捉えたカットが入ります。
それが、複数の人物それぞれからの視点というより、
同じ映像を繰り返し見せられているように感じてしまい、
途中ちょっと飽きてしまう原因となっています。

 それでも後半、大統領の視点でストーリーが進むと、
事件の舞台裏が明らかになってきて、物語が俄然面白くなってきました。
シークレット・サービスの主人公がモニターを見て
陰謀の真実に気付く場面も良く考えられています。

 また、「ボーン・アイデンティティー」のように小型車を使った
後半のカーチェイスは、なかなかスリリングでした。
 最近の映画はカーアクションを派手にしようとするあまり、
その程度の目的のために、そこまで命懸けでやるか?と思う事が多いのですが、
この映画のシチュエーションは、捨て身で追いかけるのに無理がないので、
カーチェイスに入り込めました。

 とにかく細部までかなり練られた脚本で
楽しませてくれる娯楽作品でした。
               (☆☆☆)
[PR]
Commented by mellowww at 2008-04-05 22:51
最近映画をたくさん観られてますね~(^^)
遊びに来るのが楽しみです。

この映画はCMでよく見ました。
ありきたりな内容かなーって思ってたので、特に観ようとは思ってませんでしたが、後半部分は気になりますね。。。
わたしもカーチェイス等々苦手です(苦笑)
がんばりすぎやなぁ、と(笑)
Commented by am-bivalence at 2008-04-06 11:16
がんばりすぎやは、言い得て妙です。
面白くしようとしてるんでしょうけど、
サービス過剰はリアリティが無くなって、引いちゃいます。

 mellowwwさん苦手のアクションもありますけど、
サスペンスの面が面白いので、レンタルででもチェックしてみて下さい。

 今月は映画をもう1~2本観に行きたいと思ってますので、
ときどき見に来て下さいませ。
by am-bivalence | 2008-03-27 22:55 | サスペンス・スリラー | Comments(2)