劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

screen95 かもめ食堂

 ギスギスした心をほぐして、ほんのり幸せにしてくれる映画  公式サイト

 以前DVDを観てintermisson5で紹介したんですが、
近所のシネコンでアンコール上映していたのを幸い(しかも500円!)、
大スクリーンで観てきました。

 たまに、2度観ると、最初に観た印象と違ってしまう映画があるんですが、
この映画の印象は2度目でも以前書いた通り。
見直しても、その良さは変わることがありませんでした。
ストーリーが分かっているぶん、安心してゆったりと観ていられました。
最初から最後まで、ずっと微笑みながら観られる映画はなかなか無いです。

料理も相変わらずおいしそう。
あ、この雰囲気は「超熟」のCMでもおなじみになりました。

 今回再見して、もたいまさこさんが映画の雰囲気作りに
かなり貢献していることに気付きました。
見た目は普通のおばさんなのに、どことなくエキセントリック。
ゆっくり丁寧だけど、明瞭な台詞。
この映画の、のほほんとしたカラーに良く合っています。

 でも マサコさんが空港失くしてしまった荷物って、
何の象徴なんですかね。
 重要なものがあったんでしょうと聞かれても、
重要だったのかどうか、思い出せない。
最後に失くしたトランクが出てきて、開けてみると、
中にあったのは、いっぱいの森で採ったキノコ!
 どういう意味?
       (☆☆☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2008-12-03 21:26 | ハートウォーミング | Comments(0)