劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ラブストーリー( 4 )

SCREEN118 風と共に去りぬ

不朽の大河メロドラマ、前半のラストがすごい 参照サイト

 もう何度もTVやDVDで観ていながら、大スクリーンではなかなか観る機会がなかった「風と共に去りぬ」、午前10時の映画祭でやっと劇場で観ることができました。
劇場だと序曲や終曲も上演されるのがうれしい限りです。
 この一大大河メロドラマ、制作年が1939年と映画祭中最も古い作品なのにカラーであるのもすごいのですが、今でも使われる恋愛ドラマのパターンが既に出来上がっているのにも驚かされます。
勝気で自分に率直なヒロインや、不良っぽくて包容力がある男性に反発しながら惹かれるさま、
お互い気になりながら すれ違いを繰り返すじれったさ。
不朽の名作として今なお観られているわけです。
(旧作なので以下ネタバレ気にせず書きます。 気になる方は飛ばして下さい。)

 今回じっくり見直して、今更ながら気付いたのは、
自分の意志でやりたいように生きた印象だったスカーレット・オハラが、
実は、ままならない人生に翻弄されていて、いつも決して満たされず幸福でなかったこと。
 そして、初めて観た時は気の強いスカーレットがそれなりにチャーミングに見えたのに、
今改めて観ると、単にわがままで幼稚な女性にしか思えず、魅力が無くなってしまったこと。
逆にあまりにも優等生的でリアリティがなかったメラニーのほうが、その純真さと聡明さに人間的にも惹かれたこと。 レッド・バトラーもメラニーには一目置いていたのが今になって理解できました。
 この変化は自分が年とったせい(笑)もあるかもしれませんが、現代の人々の変化、
今の世の中、スカーレットのようなキャラはありふれてしまって、メラニーのような人間こそ少なくなってきたからのような気がしてなりません。

 「風と共に去りぬ」と言えば名セリフ、
  「明日は明日の風が吹く(After all, tomorrow is anather day.)」
と共に、絶望的状況でも明日へ希望を託すラストシーンが有名ですが、
私はそれよりも前半の最後が強烈に印象に残っていて、何度観ても感動してしまいます。
スカーレットが空に向かって独白するシーンです。

 陥落するアトランタから必死の思いで脱出し、
故郷タラに戻ったスカーレットが直面したのはタラの惨状でした。
財産はおろか食糧さえ無く、ひもじさのあまり、畑に残った大根を掘り出し齧りつくスカーレットは
惨めさに思わず嗚咽してしまいます。
でも次の瞬間スカーレットは立ちあがり、天を仰いでこう宣言するのです。
 「神様に誓います、こんなことで私は負けません。
 私は生き抜いてみせます、これを乗り越えて、二度と飢えたりしません…
 たとえ嘘をつき、盗み、騙し、人殺ししなくてはならなくてもです。
 神様に誓います、私はもう二度と飢えません!」

これはすごいと思いません?
神に向かって「生きるために人殺しもいとわない」
と言ってしまうんですよ。
人間としての誇りを取り戻すために、全てを奪った神への宣戦布告とも受け取れる
言葉を口にするスカーレットの強烈な意志と生命力、そして覚悟。
 実際このあと、スカーレットはその言葉を図らずも実行していく強靭さを示しますが、
反面、後になって悪夢にうなされる人間的な面も描かれているのがこの映画の深いところ。

 生き抜くために犯罪をも肯定することの是非はともかく、
(これ、非常時の略奪や暴動を肯定する論理なんです)
このスカーレットの強さこそ、今の日本に必要ではないでしょうか。
                      (☆☆☆☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2011-05-03 17:21 | ラブストーリー | Comments(0)

SCREEN111 ローマの休日

オードリー・ヘップバーンの魅力全開! 宮崎アニメの原型がここにも 参照サイト

 「午前10時の映画祭 何度見てもすごい50本」という面白い企画がスタートしました。
往年の名作・秀作50本を週代わりで朝10時の回に見せようというもの。
しかも値段は一般1000円とリーズナブル。全国25館で実施中。
これまでテレビ画面でしか見たことがなかった名作を大スクリーンで観るチャンス!です。
ただ、午前10時じゃなくて午後8時辺りなら平日でも観に行けるのに。。。
 ともあれ、まず行ってみたのが「ローマの休日」。
映画好きなら誰でも知っている名作なので、ネタバレ気にせず書きます。
観たことのない人はご注意下さい。


 「ローマの休日」、全編ちゃんと観るのは実は久しぶりです。
学生の頃以来。テレビで何度も放映されて断片的には観ていましたが、
意外にじっくり観る機会がありませんでした。
 今回改めて観ると、細かいディテールをすっかり忘れてました。

 この映画の魅力は何と言ってもこの映画が初主演となったオードリー・ヘップバーン。
有名な真実の口のシーン、グレゴリー・ペックが手のひらを隠してみせるのはアドリブで、
オードリーは本当に驚いているそうですが、実にチャーミング(笑)。

 でもこの映画、観ているうちにだんだん妙な感覚になってきました。
まるで宮崎駿アニメを実写で見ているような気がしてきたからです。

 そもそもヘップバーン演じるアン王女のキャラクターは
宮崎監督が好んで描くヒロインそのもの。
都会的で気品があり、純粋で可憐。
その一方で大胆なところがあり、芯の強さも持っています。
 船上のダンスパーティで悪役の秘密警察と乱闘になると、
王女はギターを武器に加勢する反面、
川に落ちた秘密警察の男には救命浮き輪を投げてあげる可愛らしさも見せます。
 オードリーの容姿、ブラウスにロング丈のスカート、細い腰は、
「ルパン三世 カリオストロの城」のクラリスそっくり。
 秘密警察の服装も黒服に黒帽子というのが、
「カリオストロの城」や「紅の豚」で出てきた秘密警察のイメージでした。
(もっともこの原型は「王と鳥」にあるんでしょうけど。)

 また、ローマ市街ではアン王女がちょっと好奇心を出したことから、
べスパで暴走する騒ぎを起こしますが、
このあたりは「魔女の宅急便」で初めて都会に来たキキを連想させます。
 街中の人を巻き込んで警察沙汰になってしまった騒動も、
結婚式へ急ぐ途中だったと言い訳すると、
怒っていた街の人たちは笑顔になり祝福してくれます。
この騒動の決着の付け方も、イタリア的というより宮崎的に感じてしまいます。
 この全体に漂うユーモラスで楽天的な雰囲気が実に宮崎アニメのようです。

 ストーリーの骨子となる、くたびれた中年男と清純な乙女の淡くて叶わない恋というのもまた、
古くは旧ルパン三世シリーズから「カリオストロの城」「紅の豚」等で見られる
宮崎監督好みのモチーフ。

 という訳で、こんなところにも原型があったのだと、
かなり宮崎アニメをオーバーラップさせながら観ていた「ローマの休日」なのでした。
                                        (☆☆☆☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2010-03-09 20:58 | ラブストーリー | Comments(0)

screen94 言えない秘密

 これは作品の欠陥なのか、伏せられた「秘密」なのか 公式サイト

 ネットでの評判が悪くなかったので、
ほとんど予備知識の無い状態ながら観に行った一本です。

 前半はコテコテの純愛ラブストーリー。
韓流映画を髣髴とさせる演出で、
韓国ドラマにはまった奥様方にはオススメです。
いや、皮肉じゃなく、二人の節度あるベタベタ感、
私は嫌いじゃないです。
ヒロイン、シャオユーを演じたグイ・ルンメイがキュートだったから、
というのもありますけど(笑)。
 映像もきれいです。
ロケに使われた音楽学校はジェイ・チョウの母校だそうで、
こんなハイソな雰囲気の(衣装の制服に因るところも大きいんですが)
ミッション・スクール風学校が台湾にもあるんですね。
ジェイ・チョウの育ちの良さが分かる?
校庭にあるヤシの木が唯一、南国を感じさせます。

 問題なのは後半で、
これがネタバレ無しに語ることがほとんど出来ません。
強いて言えば、SFファンタジー的展開と結末が待っています。
(邦画で似たような映画があったなぁ。。。アニメは秀作でした。)
私は途中までシャオユーは幽霊なのかと思っていました。
。。。これだけ書いても、ネタバレ寸前。
 さらに一番の問題はこの映画、観終わると細部に疑問点が数多く残ること。
映画としてけっして悪くは無いんですが。。。
脚本が練り切れていないんじゃないかと思っていましたが、
プログラムを読むと、意図的にあえて説明せず、
「秘密」にしている部分もあるらしいです。
 それが演出として効果を上げているかはさておき、
やはり映画表現的におかしいのではないかと思うところもあって、
もう一度最初から見直さないと分からないというのが正直な感想です。
でも1週間限定上映だったので、もう見直す機会がないし。。。
DVDリリースを待ちましょう。
            (☆☆)

 疑問点について、私なりの見解を下に記しておきます。
たぶん映画を観た多くの人が引っ掛かると思いますし、
自分でも後で細部は忘れてしまうと思うので。
 疑問点に関しては、映画生活>作品情報の掲示板が参考になりました。

 
 !!注意!!
完全にネタバレのうえ、映画を観ていないと何のことだか分からないので、
観ていない人はお読みにならないのが賢明です。

 *疑問点はこちら*
[PR]
by am-bivalence | 2008-11-29 01:18 | ラブストーリー | Comments(9)
 演じていたはずが。。。の、哀しい官能ラブストーリー  公式サイト

 最近、今頃になってユン・チアン「ワイルド・スワン」を読みました。
この小説は、清朝末から文化大革命まで、激動の中国社会を生き抜いた
母娘三代に渡る実話なんですが、これがとても面白く、夢中で読み終えました。

 ユン・チアンの語り口はとても上手く、自分たちが見てきた歴史を
中国史の知識のない人でも分かりやすく伝えてくれます。
 纏足をはじめ、清時代の古い生活習慣、
日本による植民地支配の圧政から、その後の国民党の暴政、
中国共産党が民衆の支持を得て台頭してくる様、文化大革命の支離滅裂さなど、
中国人が悪政に苦しんだ歴史を知る一方、
権力を私的に流用しても全く後ろめたさを感じない
中国人のメンタリティまで分かって、興味深いものでした。

 この「ワイルド・スワン」の中で、ユン・チアンの母が学生時代、
反国民党活動で共産党の諜報員をしていた話が出てきます。
こんな逸話を読んでいると、
「ラスト、コーション」で学生たちが反日運動のあまり、
傀儡的中国人を倒す計画を実行しようとしたストーリーも
あながち絵空事のようには見えません。
バックに組織があれば、ですが。。。

 「ラスト、コーション」は日本の植民地支配時代に
日本政府に取り入った重要人物を暗殺するため、
身分を偽り体を張って近づく女子大生の物語です。
 タイトルの「ラスト」はlastでなく、lust=色欲のことで、
この言葉は映画「セブン」で犯罪のモチーフとなった、
キリスト教、七つの大罪の一つ「色欲」でもあります。
中国語原題「色、戒」の英語直訳ということでしょう。
大胆なベットシーンが話題を呼び、中国ではヒットしたそうです。
 日本でも評判が悪くないので観てみたんですが、
正直、観終わって、もう一つピンときませんでした。
どうも私はこの映画に「ブラックブック」のようなサスペンスを
期待していたのが、いけなかったようです。

 この映画、ストーリーが複雑でないので、
サスペンスものとしては158分は長すぎでしょう。
また、サスペンスに必須のどんでん返しもほとんど見当たりません。
話題の濡れ場も冗長でしょう。
 なのに158分もの長さになったのは、映画の本質がラブストーリーであって、
ワンとイーの関係の変化を描く事に力点が置かれていて、
そこが評価されている点のようです。

 植民地支配する日本に取り入って利権を得ているイーは、
中国人にとって裏切り者であり、恨んでいる中国人も多いはずのに、
そういった面は映画ではほとんど描かれていません。
映画で描かれるイーはワン視点からがほとんどで、
ワンが見たイーは、普段は紳士で優しく、
ベッドでは暴君です(笑)。
 そんなイーをワンは、
"嘘をすぐ見抜くので、全力でぶつかり受け止めなければならない"
といったことを言っています。
そこで濃厚なベットシーンを詳細に描くのも意味を持つ、という訳です。

 印象的な日本料亭のシーンでは、
イーが日本側にいるといっても日本人と親密にしている訳ではなく、
中国人にも日本人にも受け入れられていないイーの孤独を
ワンが理解することになります。
ここでのイーへの共感が、ラストのワンの行動を生むのでしょう。

 (以下、ネタバレ)
最後は、唯一信じていた女性にも、組織にも
裏切られていたことを知ったイーの悲哀が切ないです。
 タイトル「ラスト、コーション」は原題の直訳だと思っていましたが、
実はワンを破滅させるクライマックスの
"最後の警告"と掛けていたのかも知れません。
                     (☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2008-05-22 00:10 | ラブストーリー | Comments(0)