劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

screen27 スパイダーマン3

 健全な少年のためのヒーローなのだろうが。。。  公式サイト

 アメコミの映画化作品は、ある程度の年齢になると、
その荒唐無稽さについて行けなくなることがあります。
まあ、娯楽と割り切ってしまえば、ツッコミ所満載の映画も
それなりに面白いものです。
 そんななか、「スパイダーマン」シリーズはちょっと視点が変わっていて、
楽しませてくれました。
 内向的な普通の青年が、突然超能力を持ちヒーローになることで
見えてくるリアリティです。

 1作目では、自分には関係ないと逃がしてしまう強盗によって
叔父が殺されてしまうエピソードが、ヒーローになる動機に、
強い説得力を持たせました。
(ヒーロー活動は、見方を変われば”お節介”とも取れますが、
それを”力を持つ者の責任”としたのは、ある意味アメリカ的でもあります。)

 2作目では、アルバイトとスパイダーマン家業の二足のわらじで
ピーター・パーカーが過労気味になってしまうのが、
”ヒーローはボランティアだったんだ”と認識させてくれました。

 では3作目でも、何か新しい視点を示してくれるかというと、
それが見当たらないのです。
 あえて言えば、今回は、スパイダーマン自身が
これまでの敵の苦悩を体験する点でしょうか。

 前作までの敵(グリーンゴブリン、ドック・オク)は
超能力と引き換えに、精神に異常をきたし、
自分を見失って、悪役となっていきました。
 それがスパイダーマンに、敵であっても倒すに忍びないジレンマを与え、
「スパイダーマン」独特の世界観となっていました。

 今回は、アメーバのような生物に取り付かれることで、
スパイダーマン自身が精神的に蝕まれ、
”ダークサイド”に引き込まれそうになります。
(ワルっぽくなったピーターが、
ダサく見えるように演出しているのが笑えます。)
 この体験がスパイダーマンを大きく成長させているかといえば
そう見えないないところが、本作の物足りなさだと思います。

(以下、ネタバレ?)
 むしろこの体験後、最後にスパイダーマンの取った”敵を許す”という決着は、
私は、安直でないか?と疑問に思ってしまうのです。

 相手を理解し、共感するのは大切ですが、
悪にも事情があったからといって、何の贖罪も無しに
犯した罪を許してしまうのは、いかがなものでしょうか。
 サンドマンが娘を思って悪事に走ったのは同情の余地がありますが、
だからといって現金強盗してもよいという事は無いでしょう。
叔父殺しもピーターの中で許せたとしても、見逃せるものではないはずです。
 まだ、「デスノート」のように、殺されて当然の犯罪者を抹殺していくキラを、
殺人は殺人、罪を問われるべきと断罪した倫理観のほうが正しいように思えます。
 スパイダーマンのヒューマニズムが
安易な方向に向いてしまったような気がしてなりません。

 全体的に3部作の完結編的ストーリーとなっているため、
多くを盛り込み過ぎて、消化不足の感がするのが残念です。
                              (☆☆)


 参考文献:「ハリウッド・ビジネス」 ミドリ・モール著 文春新書

  「スパイダーマン」は映画化が望まれながらも、著作権が二転三転して、
  なかなか映画化に結びつかず、ジェームズ・キャメロンも諦めたのは
  よく知られています。
   本書はその経緯を始め、映画の著作権を巡る駆け引き等、
  映画ビジネスの裏側を解説してくれます。
   著作権のトラブルでビデオ・DVD化できなくなった映画が以外にあるそうです。
  そういえばあの映画、最近見かけないけど大丈夫かと、想像したりします。
[PR]
by am-bivalence | 2007-05-30 23:35 | アクション | Comments(2)
 「バベル」「21グラム」の原点であり、原型

 私の生活圏内のシネコン、CINEMACITYでは、
定期的に過去の作品のアンコール上映を企画します。
 今回、気鋭のメキシコ監督選として、イニャリトゥ監督の
「アモーレス・ペロス」が上映されたので、これを逃さず観に行きました。
(私としてはアルフォンソ・キュアロン監督の
「天国の口、終りの楽園。」を観たかったのですが。。。)
                         (映画館サイト参照)
 アンコール上映なので公式サイトがありません。
概要を書いておきます。

「アモーレス・ペロス」(2000年・メキシコ・153分)
 監督、制作:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
 脚本:ギレルモ・アリアガ

ストーリー:
 映画は白昼、街中を車が猛スピードで逃走していくシーンで始まります。
車には若者二人が乗っていて、後部シートには血だらけの黒犬が横たわっています。
追いかけてくるトラックを振り切ろうとして、車は赤信号を無視し、
事故を起こします。

 映画はこの事故に関わった男女3組のオムニバス形式となっています。
1話目は事故を起こした無職の若者の物語。
暴力的な兄のDVに悩む兄嫁に思いを寄せる彼は、
闘犬で稼いだ賞金で一緒に街を出て行こうと働きかけます。
遂に兄嫁と関係を持って、計画はうまく行くように見えましたが。。。
 2話目は不倫相手との生活を手に入れ、仕事も好調だったモデルが、
事故に巻き込まれて大怪我を負い、凋落していく顛末。
 3話目は事故現場にい合わせた浮浪者風の初老の男。
瀕死の黒犬を拾っていくことが、彼の人生を変えるきっかけを作ります。
この男は昔、大学教授から革命家を志しましたが挫折し、
今は浮浪者のような生活をしながら、影で殺し屋もやるという、ちょっと突飛な人物。
(依頼されたターゲットを尾行する顔つきがいかにも殺し屋風で、笑ってしまいます。)
革命のために捨てた妻娘が忘れられず、娘への愛を募らせていきます。


 「アモーレス・ぺロス」とはスペイン語で「犬のような愛」という意味だそうです。
各話とも犬が重要な要素、象徴として出てきます。
 映画は3組の愛の物語なんですが、不倫だったり、一方的想いだったり、
どれも報われない利己的、衝動的なもので、必然的に悲劇的結末になります。
(「ぺロス」は俗語で「最低な」という意味もあるらしい)*後注

 前半の若者のエピソードは、切れやすく刹那的で傲慢な
チンピラ風若者達に全く共感できず、
正直、観て失敗かと思っていましたが、後半は引き込まれました。

 処女作にはその作家のすべてがあると言われますが、
イニャリトゥ監督のこの映画はまさにそんな典型的例のように見えます。
貧富も含め様々な階層の人物を描くオムニバス形式、
時間軸を縦横に動かす語り口、混沌とした中の荒々しさ、
人を突き動かす情念を描き、切ない後味を残すスタイルは、
イニャリトゥ監督のその後の2作に共通するものです。

 特に本作では各エピソードで、別のエピソードの登場人物が
一瞬現れるような演出がされており、
このエピソードは、あのエピソードではこの時の話だったのかと
解る構造になっています。
 それが、年齢も生きる社会も異なる様々な人物が
実は同じ時間、空間を生きて、共有していることを感じさせるのです。
 本作は脚本を36回も書き直したというのも、うなずけます。

 イニャリトゥ監督は「バベル」でもこんなことがやりたかったのかと、
ちょっと納得しました。
                                  (☆☆


参照映画:「灰とダイヤモンド」 アンジェイ・ワイダ監督 1959年 ポーランド
 時間と空間の共有を感じさせる演出と言えば、
この古典的映画を思い出します。(古すぎ?)
 政情不安定な終戦直後のポーランドで、
テロリストの若者が政府要人を暗殺するという物語(だったと思います)。

 若者が要人を街角で射殺したとき、要人が若者に倒れかかります。
思わず抱きとめた若者の背後で、祭りの花火が上がるのです。
その花火を、様々な人が、いろいろな場所で、
それぞれの想いを胸に見つめているという有名なシーンです。

 確か、大林宣彦監督の「転校生」(1982)でも、
会うのを禁じられた主人公達が、
同じ花火を別々の場所で見上げている、情感あるシーンがありました。

*注)気になったのでちゃんと調べてみました。確かにそういう意味がありますが、
  辞書によって、かなり表現がまちまちです。俗語、口語表現だからでしょう。
   ~de perros:形)最低な、最悪な、悲惨な、みじめな、不幸な
[PR]
by am-bivalence | 2007-05-12 00:23 | 人間ドラマ | Comments(12)

screen25 バベル

 運が悪い方向に向かっていく緊張感で見せる"オムニバス映画"  公式サイト

 イニャリトゥ監督は前作に「21g」という哲学的タイトルを使っていましたが、
今回も哲学的意味を持たせた凝ったタイトルを冠しています。
 「バベル」というタイトルに込めた意味で、
テーマは「言語の壁」とか「相互理解」なんだろうと勝手に想像していましたが、
実際は、「言葉があっても生じるコミュニケーション不全」や
「人の愚行が生み出す誤解」だったようでした。
 映画の内容とタイトルが一致しているようで、
一致していないようなところも、前作同様です。

 「21g」では、1シーンごとに時制が違うのじゃないかと思うほど、
これでもかと、時系列をいじっていたイニャリトゥ監督、
(まあ、それでも観ていてストーリーが解るのは、すごいのかも知れませんが。)
素直に時系列でプロットを見せない手法は、本作でも控えめながら健在です。

 ただ、前作では心臓移植を通して、
無縁だった3人がめぐり合うことになりますが、
「バベル」では4組のエピソードが互いに密接に関連しあう訳でもなく、
ほとんど独立した物語となってしまっているのが残念です。
「アメリカ人観光客狙撃事件」を軸にした、
単なるオムニバス映画といった印象で終わっています。

 映画宣伝では現代世界情勢を考えているような、
社会派映画のように印象付けていますが、
描かれる問題は、ほとんど個人のレベルに止まっている様に見えます。
強いて言えば、社会派的なのはメキシコ人の不法就労問題ぐらいでしょう。
これを観て「世界はまだ変えられる」のか、と想いを巡らすには、
ちょっと無理があるような気がします。

イニャリトゥ監督の作品は一回観ただけでは、
なかなか理解できそうにない、含みを持った複雑な部分があるのですが、
かといって、何度も観直したくなるかというと、微妙です。
もう一度観直す機会があれば、印象が変わるのかも知れません。

(以下、ネタバレ)
 登場人物達が自分の枠を捨てて、理解し合えるのは
「生命の危機」を感じたからのようです。
 アメリカ人夫婦は妻の死を予感して、
心が離れてしまう元になった子供の死に対する思いを語り合います。
モロッコの少年は兄の命のために自分の過ちを認め、警察に投降し、
メキシコ人の乳母は砂漠から脱出するために、
自分が逮捕されることもかえりみず懸命になります。
 「生命の危機」に直面しなかった日本人親子の関係は
結局何も変化していないように見えます。
 人は命がけでなければ、解り合えないものなのでしょうか。
                            (☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2007-05-06 22:11 | 人間ドラマ | Comments(2)