劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

screen38 めがね

 "たそがれる"という、モダンな湯治  公式サイト

 「かもめ食堂」の荻上直子監督、またやってくれました。
この映画、言ってみれば現代風"湯治"です。
舞台の南の島は湯治場なんです。
観光地はありません。
おすすめ観光スポットは?と聞くと、きょとんとされます。
ここは"たそがれる"という湯治療養に専念できるところなんです。

 この映画に出てくる人物はマリン・パレスの人達以外、
誰も働いていません。
高校教師だというハルナは、一度も授業している姿を見せません。
宿の主人ユージは、訪れる人のために食事を作っていますが、
これは労働というより、もてなすための趣味のようなものです。
お客が起きたから布団を干す、といった光景はありません。
この誰も働いていない、生活感の無さ。
 いいんです、浮世を忘れる湯治なんですから。

 感動的なドラマどころか、前作「かもめ食堂」以上に、
ストーリーらしいストーリーもありません。
 いいんです、保養地にワクワクドキドキ感といった、
ドラマチックなものは要らないんです。
安心できる居場所があればいいんです。

 長回しと引きの画面で生まれる時間と空間の余白が、
なぜか心地良くさせてくれます。
この間と微妙な会話が、どのカットでもクスッと笑ってしまう(ワハハではない)
独特な空気を作ります。
 BGMがほとんどないのも、この映画の特徴です。
これも感情を大きく波立たせずに、リラックスするための湯治だからなんです。

 豪華ではありませんが、丁寧に作られた美味しい食事、
これも療養には欠かせない要素でしょう。

 人の死とはとか、旅は必ず終わりがあるとか、
シリアスな話題が出ても、すんなりと受け入れられてしまう、
そんな心境になったら、静養もそろそろ終わりです。

年に一度そこに集って、ただたそがれる療養。
街の喧騒を忘れ、眉間に寄ったしわを伸ばす、休息時間が欲しい人はぜひ。

 でも何で「めがね」なんだろう。。。
                      (☆☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2007-09-29 21:01 | ハートウォーミング | Comments(2)
 切ない、やるせない、そしてなぜか爽やかな秀作ミステリー  公式サイト

  この映画、予告編とタイトルでコメディと勘違いされやすく、損をしているようです。
私も「転校生 さよならあなた」を観たとき、初めて予告編を観たのですが、
てっきりコメディだと思っていました。
 実際、前半はコメディタッチの部分もあり、
濱田 岳演じる椎名の能天気さが可笑しいのですが、
後半はシリアスな展開で、真相が明らかになるにつれ、
切ない思いにさせる物語でした。
 変則的なミステリー形式なので、詳細は"ネタバレ・バリアー"後に書きますが、
映画としては反則すれすれの部分があって、
人によって、それが受け入れられないかもしれません。
ただ、私にはそれほど気にならず、
むしろ気持ちよくだまされました。

 三題噺のようなタイトル、「アヒルと鴨のコインロッカー」にも、
「神さま、この話だけは見ないでほしい。」という謎めいたコピーにも、
「広辞苑」を盗むつもりが「広辞林」だったというギャグ?にも、それぞれ意味があって、 
それが解った時の、ジグゾーパズルのピースがはまったような面白さ。
と同時に、切なさも感じさせるのが秀逸です。

 冒頭、ボブディランを口ずさむ椎名に河崎が
初めて声をかけるシーンがありますが、
ラスト近くでも同じシーンが出てくるのに
全く違う感情を持って観てしまうのが見事です。

 ブータンの留学生ドルジと、恋仲になる琴美、
琴美の元カレの河崎の三人の関係が良いです。
彼らのたどる運命はやるせないですが、
なぜか観終わった後、ちょっと爽やかさや温かさも残すのは
ドルジの一途さと、椎名の純朴さのおかげでしょうか。
 この映画、私的には今年のベストワンかも?
                   (☆☆☆☆)

 (以下ネタバレ疑問)
[PR]
by am-bivalence | 2007-09-02 23:20 | ミステリー | Comments(4)