劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

SCREEN124 マネーボール

 理論じゃない人間的な球界裏事情ドラマ 公式サイト

 今年10月5日、アップルのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなりました。
享年56歳、まだまだ活躍できる年齢での死去が惜しまれます。
 彼のキャラクターは強烈で、毀誉褒貶の激しい人でした。
私には、ジョブズは技術者というより、
(いろいろな意味で)アーティスト的感覚を持った辣腕経営者、
魔術的な能力を持ったプレゼンの天才といったイメージがあります。
個人的には、その稀有な人物像は興味を惹かれますが、
一緒に仕事はしたくないなぁ、というのが正直なところです(笑)。
 ジョブズがペプシ・コーラのスカリーをアップルに引き抜くとき、
「一生、砂糖水を売っていたいか、それとも世界を変えたいか」
と言ったのはよく知られた話です。
ジョブズはコンピューターが社会を変え、
若い世代が古い世代と入れ替わることに価値を見出していたようです。
映画「マネーボール」の主人公ビリー・ビーンも、
尖鋭的野球理論で旧態依然だったメジャー・リーグの世界を変えた男でした。

 もっとも実際のビリー・ビーンの動機は球界を変えたいというよりも、
貧乏球団が潤沢な資金を持つ強豪に勝つにはどうすればいいか、
が発端でした。
 「マネーボール」いうタイトルや、
予告編であったように、チームの戦略を考えても
実際の試合は見ないというスタンスから、
主人公はお金や理論でみな割り切ってしまうドライな人間で、
そんな人物像を描くような映画かと思っていましたが、
(脚本家の一人は「ソーシャル・ネットワーク」のアーロン・ソーキン)
実際は違っていました。

 ビリー・ビーンは元選手であり、当初活躍を期待されながら
実績を残せず、ジェネラル・マネージャーに転身した経緯がありました。
映画の中で彼は、過去に多額の契約金に惹かれ、大学進学せずに球界に入ったことに
後悔に似たわだかまりを持ち続けます。
 ビリー・ビーンは球団GMとしては奇妙な2つの習慣を持っています。
 1.自チームの試合を見ない。
 2.自チームの選手とは親しくしない。
映画を観ていくと、実はこれには彼独自の人間臭い理由があるのが判明します。
そう、この映画はとても人間的なのです。
登場する人物はみな、欠陥や問題を抱えています。
そんな彼らが敗者復活していくところがいいんです。
 故障によって選手生命が危うくなっていた捕手が
突然自宅にやって来たビリーから一塁手として契約のオファーを受けた後に
家族とそっと抱き合うところなどは感動的です。

 でもそこはやっぱりアメリカ社会、選手を解雇するのもドライで、
シーズン中でも まるでカードを交換するように簡単に
球団間で選手をトレードする様子に驚かされました。
厳しく能力を問われるプロの世界だから尚更なんでしょう。
ビリーが獲得した選手を起用しない監督との駆け引きも面白いです。
フィリップ・シーモア・ホフマンが「カポーティ」とは打って変わって
いかにもメジャー・リーグの監督といった雰囲気で好演してます。

 ジョブズはスタンフォード大学の卒業式で行った有名なスピーチを、
影響を受けた本の一節を引用し、
 "Stay Hungry. Stay Foolish."
 (貪欲でいろ、無謀でいろ)
と言って終えました。
 ビリー・ビーンも、強豪球団から高報酬の誘いを受けたとき、
傍から見るとfoolishな選択をします。
でもそれは彼らしい人生観に基づく、彼にとっては自然な選択でした。
                     (☆☆☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2011-12-31 00:14 | 人間ドラマ | Comments(0)

SCREEN113 アイガー北壁

極限状況でのクライマーの執念と無念を見せるサスペンス佳作 公式サイト

 アイガー北壁と言うと思い浮かぶ映画が、
クリント・イーストウッドが主演・監督した「アイガー・サンクション」。
その「アイガー・サンクション」でも描かれているように、
アイガー北壁というのはちょっと変わった山です。
ヨーロッパ・アルプスの最難所と言われながら、観光のアクセスもよいのです。
アイガー北壁内にはユングフラウ鉄道のトンネルが通っており、
中腹のアイガーヴァント駅からは、一般観光客でも北壁からの眺望を楽しめます。
 また、山麓にはアイガー北壁全体を一望できるリゾートホテルがあって、
天気が良ければ、望遠鏡で北壁を登るクライマーを逐一観察できるのです。
「アイガー北壁」劇中のセリフにあったように、まさに”垂直の闘技場”。
 そんな環境がまだ北壁が未登攀だった時代に既に整っていたのを
この映画で知って ちょっと驚きました。

 「アイガー北壁」はヨーロッパ・アルプス最大の難ルート、
アイガー北壁の初登攀を目指す登山家達に起こった悲劇の実話を元にした物語です。
この事件はヨーロッパ・アルプスの登山者なら誰でも聞いたことのある有名な逸話だそうで、映画を観れば、確かにその劇的な物語が今だに語り継がれるだけあることが分かります。
「アイガー北壁」は山岳映画というジャンルにとどまらず、
登山を知らない人でも十分見ごたえのあるサスペンス映画の佳作にもなっています。

 1936年、ナチス・ドイツが勢力を拡大していた時代。
ナチスはヨーロッパ・アルプス最後の難ルート、アイガー北壁を初登攀した者に
ベルリン五輪(レニ・リーフェンシュタールがオリンピック映画の名作と言われる
「民族の祭典」「美の祭典」を撮った大会)で金メダルを授与することを決定、
この年、多くの登山隊がアイガー北壁に集まります。
ドイツ人トニー・クルツとアンディ・ヒンターシュトイサー組もその一つでした。
 彼らはドイツ代表のように注目されますが、
意外だったのは、彼らは誰の援助も受けていないことです。
彼らはハーケンを手作りし、少ない自己資金で登山するため、
交通費を節約して、アイガーまでの道のり600kmを自転車でやってきます。

 なぜ、「実話の映画化」でなく「実話を元にした映画」なのかというと、
映画の骨子に大きなフィクションが加えられているから。
どこがフィクションかは後述するとして、
事件の概要には、史実として伝わっているものに忠実で、
出来る限り再現しているようです。
ただどうしても事件の細部に不明な部分があり、推測で構成されたものがあって、
映画の中心部分にフィクションを入れたのは、どうせ虚構が避けられないなら、
いっそ映画向きにフィクションを加えて面白くしようということでしょうか。

 それにしても、死地に立ったクライマーの見せる生命力、
生還への執念は驚かされます。
 同じく実話を映画化した「運命を分けたザイル」や、
沢木耕太郎のノンフィクション「凍」もそうでしたが、
もう体力、気力を使い果たしたと思われてもなお、
彼らが死力を尽くす姿は心揺すぶられました。(☆☆☆)

*史実とフィクションに関すること(ネタバレ注意!)
[PR]
by am-bivalence | 2010-07-27 23:37 | 人間ドラマ | Comments(0)
 事実の再現のみで構成しようとしたゲバラの失敗  公式サイト

 原題は「CHE PART TWO」と、いたってシンプル。
妙に凝った長い邦題を付けられると、窓口で券を買うとき言いづらくて困ります(笑)。

 それはともかく、この映画、前編に引き続き、
ゲバラのことをよく知らない者にとって、やっぱり分かりづらいです。
ボリビアでのゲバラの悲劇的最後を描いているのですが、
記録として残っているゲバラの行動を極力忠実に再現しようとしているようで、
このとっつき難さは、歴史を学ぶのに直接文献にあたっているようです。
それでもゲバラのボリビアでの苦難と失敗は伝わってきました。

 共闘するはずだったボリビア共産党が協力を止めたことで
ゲバラの革命はのっけから躓きます。
 ゲバラはキューバ革命と同じように、農村部にゲリラの拠点を築き、
勢力を拡大していこうとしますが、
肝心の農民は政府側の情報操作でゲリラを恐れ、協力しません。
次第に追い詰められていくゲバラ達。

 ゲバラは厳格な人だったそうです。
前編のラストでは、革命成ってハバナに向かう途中で
浮かれてオープンカーを乗り回す兵を叱責するエピソードがありました。
 そんなゲバラの姿に私は「ワイルド・スワン」に描かれた
著者ユン・チアンの父親を思い出しました。
ユン・チアンの父は中国共産党の初期からの筋金入りの党員で、
共産主義に根ざした理想家でした。
権力を持つと親族で利権を抱え込むのが当たり前だった中国で、
彼は一切、親族をえこひいきするような事をしませんでした。
党幹部だから送迎車が使えるといった、
特別待遇を与えられるのを嫌っていました。
その厳格さゆえに身内からは恨まれるところもありましたが。。。
 搾取のない、真に公平で平等な社会を作る、
ゲバラもそんな理想主義を抱いて行動した人だったようです。
高い理想を革命というラジカルな手法で実現しようとしたゲバラが、
悲劇的最後を遂げるのは必然だったのかもしれませんが、
その理念がとても高潔なものだっただけに、より悲劇的に見えるのでしょう。
                                 (☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2009-02-24 22:27 | 伝記 | Comments(0)
 後編のための長~い前説?  公式サイト

 原題は「CHE PART ONE」と、いたってシンプル。
"チェ"・ゲバラ、ある世代には熱狂的信奉者がいて、時代のイコンである人物ですが、
私はゲバラのことをあまりよく知りません。
高校の頃、彼の自伝を読んだことはありますが、
キューバ革命や彼の思想、人物像がもう一つよく分からなかった覚えがあります(^_^;)。

 この映画の事を聞いたとき、幾つか腑に落ちない点がありました。
 なぜ今頃、ソダーバーグが取り上げたのか。
革命家ゲバラを信奉する人はラジカルでアナーキーなイメージがあるので、
ソダーバーグが興味を持つのはちょっと意外な感じがしたのです。
ソダーバーグはゲバラの何処に惹かれ、何を描きたかったのでしょう。
 なぜ、ゲバラ役にスペイン語を話すという以外、
共通点の無さそうなベニチオ・デル・トロを起用したのか。
(ゲバラに容姿が似ているという点では、まだ「モーターサイクル・ダイアリー」の
ガエル・ガルシア・ベルナルのほうがよかったと思います。)
 なにより、ゲバラはどんな人物だったのかにも興味がありました。

 で、実際映画を観てみたんですが、
これが映画を観ても、事前の疑問はほとんど解けません。
 この映画、革命の勝利、戦場での恋などドラマティックな要素には事欠かないのに、
ドラマ的演出はしません。
革命後、国連演説のためニューヨークに滞在したゲバラをカットバックしながら、
キューバ革命時のゲバラの行動を淡々と見せるドキュメンタリーのような映画です。
キューバ革命が全体としてどう進み、どうやって成功したのか、
説明的描写はほとんどありません。
昔読んだゲバラの自伝のようです(笑)。

 でも観賞前の疑問は、プログラムの監督インタビューを読んであっさり解けました。
しかも、知ってしまうとなぁんだって事ばかり。
 ゲバラの企画を持ち込んだのは、デル・トロだったこと。
(全然似ていないのにゲバラ役にしたわけです(笑))。
ソダーバーグ自身はそれまでほとんどゲバラを知らなかったこと。
ソダーバーグが惹かれたのはゲバラの人間性、特にボリビアでの活動で、
それを描く補足として、キューバ革命でのゲバラを追加したこと。
映画のエピソードは全て事実に基づき、可能な限り忠実に再現しようとしたこと。

 どうもソダーバーグはゲバラのキューバでの成功よりも、ボリビアでの失敗に、
革命家としての思想や信念よりも、成功を投げ打っても次の革命へ乗り出した
ゲバラの人間性に興味があったようです。
 結局、この映画の本質は後編にこそあるわけで、
パート・ツーを観てみなければこの映画の評価はできません。
後編に期待しましょう。
      (☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2009-01-23 21:22 | 伝記 | Comments(0)
 青年の崇高な夢とその挫折を描いた、不朽の名作  公式サイト

 映画ファンなら誰でも、"生涯ベストワン映画"というものがあるのではないでしょうか。
"生涯"はちょっと大げさかもしれませんが、今まで観てきた中で
一番よかったと思う映画。。。私もあります。
 それがこの「アラビアのロレンス」です。

 映画「アラビアのロレンス」は、
T.E.ロレンスという実在の人物を描いた伝記映画であり、
砂漠の民を率いて戦った英雄物語であり、
第一次大戦での砂漠の戦闘を描いた戦争スペクタクル映画でもあります。
でも私は「アラビアのロレンス」は、"青春映画"だと思っています。
一人の青年が抱いた理想と夢、そしてその挫折を描いた青春映画だと。
(挫折する映画が好きだとは、我ながら屈折しているかとも思いますが(苦笑)。)

 ロレンスの描いた夢は、アラブ民族に自由と融和をもたらすことでした。
十字軍に傾倒し、若い頃から考古学調査で中東を巡り、
厳しくも美しい砂漠とそこに住む民に親しみを感じたロレンスは、
当時、大国に支配されていたアラブを独立させることに注力します。

厳しい自然の中で生きるベドウィンは、
砂漠で置き去りになった者は仕方なく見殺しにするしかなく、
部族間の争いも絶えず、殺人も厭いません。
 ロレンスはそんな現実に果敢に抗って、
砂漠に取り残された仲間を救出に行き、
部族抗争を抑えるために自ら手を下すことまでします。
潔癖なロレンスは、第一次大戦下の軍属でありながら流血を嫌っていたのですが。。。
 慕ってついてきた少年達を力及ばず砂漠で失った時には
少年のように心を痛めるロレンス。
(ただし、彼の反応は彼の別面も含めてであるのが後に分かってきます)
そんな人間像は「風の谷のナウシカ」のナウシカを見るようです。
(と言うより、ナウシカにロレンス像の影響が見えると思うのですが)

 ただこの映画のすごいところは、そこにとどまらず、
人間ロレンスを高潔な君子のままで終わらせなかったことです。
アカバ攻略までなら普通の英雄物語だったのですが、
映画は更にロレンスの複雑な内面に踏み込み、
そこからある種、普遍的な人間像も浮き出してみせるのです。

 例えば、映画最初でロレンスはベドウィンの案内人とこんな会話をします。
イギリスは肥えた土地に肥えた人々が住む国だと言うロレンスに対し、
ベドウィンが、でもあなたは太っていないと言うと、ロレンスはこう答えます。
 "No, I'm different.(そう、僕は違う)"
 何気ない会話ですが、
これはロレンスがちょっと変わり者である自分を自嘲しているとともに、
自分が人とは違う何者かなんだという、若者らしい気負いを
端的に表したセリフではないでしょうか。

(以降、ネタバレを意識せずに書いています。気にされる人は飛ばして下さい。)

 また映画冒頭ロレンスがやって見せる、火の着いたマッチ棒を持ち続けるという特技は、
私はロレンスの"精神は肉体の限界を超えられる"という信念を
表しているんじゃないかと思います。
これは映画後半で「水の上でも歩いてみせる」といった、
彼の超人願望とでも言うべき言動、行動に繋がっていきます。
それは異常さを通り越して、滑稽でさえあります。
 デラアでの事件で自分も普通の人間であると思い知らされた時、
その願望の反動が、彼が壊れていくきっかけにもなるのです。

 映画は更に彼の心の奥に潜んだ闇にも触れています。
部族間の争いを招いた部下を自ら処刑したことを、
後に彼はカイロで「処刑を楽しんでいた」と告白しているのです。
自分の奥底にある暴力性に戸惑うロレンス。
私にはそれは、彼固有の異常性ではなく、彼のイノセントさからくる、
自分にも本能的な暴力の衝動があったことへの恐れと思えるのです。
 高潔さと奥底にあるダークさ、自意識過剰、自己陶酔、
才気を自覚するがゆえの高慢さと、自身の全能感から起こす無謀な行動、
T.E.ロレンスという稀有で極端な人物像から、
一つの典型的な人間心理が浮かび上がってきます。

 ロレンスの挫折は内面的なものに加え、
社会の現実によって更に助長されていきます。
いつの間にか国家間の駆け引きに巻き込まれ、利用されるロレンス。
(このときのイギリスの二枚舌外交が後々の中東紛争につながっていく)
イギリスを差し置いてダマスカスに入城しても、
部族間のエゴを前にして、疲弊するロレンス。
 最後の戦闘では、「清潔だから」好きだった砂漠を血で穢し、
お気に入りの白い民族衣装を血まみれにするロレンスが痛ましいです。
 理想と現実の大きな壁(老獪な社会の壁)に挫折していく姿に、
年配の人なら60年代の学生運動を重ねたりするのではないでしょうか。

 「アラビアのロレンス」については、まだ語り尽くせませんが、
「アラビアのロレンス」は観るたびに別の見方ができて、新しい発見があります。
それはちょうど、優れた文学が読む年齢によって解釈が変わってくるように、
「アラビアのロレンス」も観る年齢によって見方が違ってくるようです。
名作です。
         (☆☆☆☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2008-12-25 23:57 | 人間ドラマ | Comments(0)
偉大な姉、アニー・リーボヴィッツを讃える映画 公式サイト

f0126707_21375664.jpg

 アニー・リーボヴィッツはローリング・ストーンズの表紙で注目され、
暗殺される直前のジョン・レノンの写真などで知られているそうです。
 私はカバー、グラビアのような商業写真にはあまり興味がなくて、
彼女を知らなかったのですが、
話題になったデミー・ムーアの妊婦ヌードは見憶えがあります。

 最近のアニー・リーボヴィッツの作品は
古典絵画のような画造りのものがあり、
映画では、その実際の撮影現場を垣間見せてくれます。
 彼女が撮ったセレブ達へのインタビューも、
その写真の撮られた経緯の一端が分かって興味深いです。
 ただアニー自身は、自分の作品や自分自身について多くを語っておらず、
映画は、彼女の発想がどこから来るのか、
どういう意図からそのような写真になったかといった、
作品の本質を解明してくれるわけではなさそうです。
 そういえば、彼女の撮ったセレブ達の写真も、
私には、対象の本質に迫るというより、
彼らのイメージをちょっと違った視点で演出する、といったもののように思えます。
だからセレブ達にも受けが良いのではないでしょうか。

 また映画では、彼女の経歴の中でスキャンダラスな面、
「恋人」スーザン・ソンタグとの関係や、
ローリング・ストーンズ誌時代、ロックスターに密着取材することで、
ドラッグにはまっていってしまったことなど、
隠しはしないものの、深く掘り下げることもなく、
人間、アニー・リーボヴィッツ像が理解できるわけでもありません。

 この映画を撮ったのはアニーの実妹、バーバラ・リーボヴィッツ。
アニー・リーボヴィッツのグラビア写真のように、
”敬愛する偉大な姉、アニー・リーボヴィッツ”のイメージのプロモーションとも取れる、
賛辞映画に止まってしまっているのが、物足りないところです。
                             (☆☆)


 *今回、公式サイトにブログ用写真が掲載されていましたので
 使わせていただきました。
 著作権にうるさい昨今、こういう配慮はありがたいです。
[PR]
by am-bivalence | 2008-03-14 21:51 | ドキュメンタリー | Comments(2)

screen42 ミス・ポター

 子供でも楽しめるミス・ポターの恋愛秘話 公式サイト

 実は私、ピーターラビットの絵本は一冊もちゃんと読んだことがありません。
ただ、以前TVのドキュメンタリー番組で見た、
作者ポター女史のナチュラリストとしての面が印象に残っていて、
この映画に興味を持っていました。
 彼女の描く動物達は写実的です。背景に描かれる植物も、
実在のものを正確に描いているそうです。
ナショナル・トラスト運動の創成期に大きく貢献したことなども
ポター女史に興味を引かれた点でした。

 実在のポター女史が、どんな人だったかは知りませんが、
絵本を出す時にコストのかかる色刷りはやめようと考えていたり、
ピーターラビットのぬいぐるみの製造を初めてライセンス供与したり、
意外に、現実的なビジネス感覚を持った"かしこい"人だったように思えます。

 でも映画でのポターは、上流階級の箱入り娘で、
自分の描いたキャラクターを友達と呼び、話し掛ける、
夢見がちの人物のように描かれています。
 ポターのキャラクター達をアニメで動かして見せるなど、
ピーターラビットファンの子供達が観ることを配慮したんでしょうか。

 自分の空想世界に入り込むという点では、
「パンズ・ラビリンス」のオフェイリアに重なる部分がありますが、
この物語が「パンズ・ラビリンス」と違って明るいのは、
ポターがあくまでポジティブだからというのもあるのでしょう。
 「パンズ・ラビリンス」がファンタジーと言いながら、
ダーク過ぎて低年齢層に観せるには問題があるのと対照的に、
「ミス・ポター」は実話でありながら子供でも楽しめる内容です。
この安心感は小学生向けの伝記物語のようです。

(以下、ネタバレ)

 映画は、編集者との恋が中心となっていくのですが、
この恋愛は唐突に意外な結末を迎えます。
 この突然な恋愛の終焉が会話だけで示され、決定的映像が出てこないので、
ミステリ映画を観過ぎてひねくれていた私は、
てっきり結婚に反対されていた二人を別れさせるための策略かと
疑って観ていました。
 おかげでポターの悲しみにシンクロするタイミングを外され、
悲しみを共有できぬまま後半に移ってしまったのが残念でした。
 それに、後半ポターが立ち直る部分が時間の経過としか描かれておらず、
もっと丹念に過程を描写してくれたら、より感動できたような気がします。

 それにしても、後半ポターが移り住み、土地を買い上げても開発から守ろうとした、
イギリス湖水地方の風景は美しいものでした。
 ポターの半生を描いたドラマよりも、
この光景が今も観れるのは、ピーターラビットあってこそであることに、
感慨を憶えてしまうのでした。
                    (☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2007-10-30 22:26 | 伝記 | Comments(6)

intermission3 正しい資質


 仕事で煮詰まったり、孤立感に悩まされると、
私は一時期、お酒を飲みながら「ライトスタッフ」の
クライマックスを見返していました。

「ライトスタッフ」はアメリカ最初の7人の宇宙飛行士と、
トップテストパイロットだったチャック・イェーガーの物語です。

 アメリカ初の宇宙飛行士は、大統領の一言で
テストパイロットから人選することになります。
しかしこの時チャック・イェーガーは
トップパイロットでありながらテストもされませんでした。
彼が選抜条件である大学卒でなかったからです。

 宇宙飛行士となり世界中の注目を浴びる7人と対照的に、
チャック・イェーガーは宇宙開発とは無縁に過ごします。

 映画の終盤、ヒューストンで大歓迎を受ける宇宙飛行士達とオーバーラップして、
イェーガーは独り、航空機での高度記録に挑みます。
新記録高度の手前で不調になるエンジンを動かそうとしながら、
イェーガーが目指す空の先に見たものは。。。
星空、でした。
彼が目指したものも結局、宇宙だったのでした。
それを悟ったときの虚脱感。
 映画では2カットしか出てこない星空ですが、
映画ならではの映像表現でした。

 この直後、機は失速、墜落します。
その経過は原作に詳しく記述されています。
墜落していく機体を立て直そうとあらゆる手段を尽くすイェーガーと、
彼の陥ったジレンマの詳細は、文章でしか語れない面白さがあります。
 ちなみに映画では、イェーガーの独断で飛行したように演出していますが、
実際は正規に計画されたテストプログラムでした。
 この辺り、映画の意図が判ります。

 映画は、7人の最後ゴードン・クーパーが
宇宙に飛び立つところで終わります。
この飛行でクーパーは、新宇宙飛行記録を樹立しますが、
それも一時の栄光だったとナレーションが伝えます。
 誇り高く、気骨ある男たちを描いた映画は、
チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲そっくりのテーマ曲で
勇気をくれたのでした。


 参照文献:「ザ・ライト・スタッフ 七人の宇宙飛行士」 トム・ウルフ 中公文庫
   ノンフィクション作家のトム・ウルフは自分で新しい概念を造るのが好きだそうで、
  「ライト・スタッフ」は彼が考え出した造語です。
   「ライト・スタッフ」とは、ウルフがテストパイロットに共通して見い出した資質、
  瞬時に的確な判断を下す能力、適性を指すようですが、
  明確に定義されているわけではありません。
[PR]
by am-bivalence | 2007-02-01 23:07 | 人間ドラマ | Comments(0)