劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

screen30 ダイ・ハード4.0

 可もなく不可もなく、オーソドックスに娯楽アクションの王道をゆく 公式サイト

 このところ、往年の名シリーズ復活が続いています。
「ロッキー・ファイナル」は意外と健闘したようですし、
本当にやるの?と思っていた「インディ・ジョーンズ4」は
本当にクランクインしちゃいました。
 「ダイ・ハード」の新作が十数年ぶりに公開されても、もう驚きませんよ。
スタローンやハリソン・フォードがオーバー60歳だってことを思えば、
ブルース・ウィルスの52歳なんて、まだまだイケル、イケル。

 残念ながら、私は「ダイ・ハード」1作目を映画館で観ていません。
当時のアクション映画はスタローンの「ランボー」や、
シュワルツネッガーの「コマンドー」のような
マッチョなヒーローが超人的パワーで暴れまわるのが主流でした。
 公開時の「ダイ・ハード」のCMも、
ブルース・ウィルスが上半身裸で消火ホースを体に巻きつけ、
爆炎をバックにビルから飛び降りるシーンを大々的に見せて、
肉体派アクションヒーローを連想させる造りになっていました。
私は"またか"と思って観に行かなかったのですが、
大方の日本人も肉体派アクション映画に飽きていたのか、
興行成績もいまひとつだったようです。
(日本での興行成績が「ダイ・ハード2」=51.1億円、「3」 =72億円に対し、
「1」=18.4億円 )

 そんな「ダイ・ハード」が日本で評判になったのは
レンタルでその面白さが再発見され、口コミで広がったからと記憶しています。
主人公がパワーだけで押しまくるマッチョマンでなくて、
事件に巻き込まれた不運をグチりながらも、体力と知恵をふり絞って行動する
等身大の人間だったのが新鮮でした。
高層ビルという閉じられた空間で起こりうるシチュエーションを
全てやって見せたような よく練られた脚本で、観る者をうならせました。
「ダイ・ハード」はアクション映画の流れを変えた名作だったとともに、
レンタルになってから注目された稀なケースだったんじゃないでしょうか。

 続く「2」,「3」も大ヒットし、お客を惹き付けた「ダイ・ハード」ブランド、
「4」はどうかというと。。。何とかブランド価値を保った、というところでしょうか。
 続編の常道で事件はますますスケールアップ、
今回は全米を巻き込んだサイバーテロが相手。
 クライマックスも続編の常道で、さらに派手になり、
まだ量産もされていないはずの最新鋭戦闘機F-35まで相手にして
ハイウェイを派手に破壊しまくります。
 冒頭で登場するマクレーンの娘は、
お約束通り、テロリストの人質になってくれます。

 アクションシーンはそれなりに練られて手が込んでいるし、
2時間の間、決して飽きさせないんですが、ん~
皆、セオリー通り。。。
十年の歳月が私の映画を観る目をスレさせてしまったんでしょうか。
あるいは「ダイ・ハード」ブランドに期待し過ぎちゃったのでしょうか。

 それに、この手のアクション映画にありがちな、"ありえね~"的ツッコミどころが、
前シリーズにもあったものの、今回ちょっと増えているような気がします。
 一番気になったのは、テロリストが真の標的とした○○○○です。
テロに備えるならこんなモノは作らないでしょう。
これを考えた脚本家はインターネットが一極集中を避けるために考え出されたこと、
忘れていたのでしょうか。
サイバーテロを正面から扱った映画だから、知らないってことはないでしょう。

 まあ、あまり深くは考えずに、悪者をやっつける爽快感を堪能する、
それがこの映画の正しい楽しみ方なのでしょう。
                          (☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2007-07-20 23:40 | アクション | Comments(2)