劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
 スターウォーズファンが自分で観たいスターウォーズを作ったら
こんな映画になっちゃいました?
 公式サイト

 予告編を観たときから、ちょっといやな予感がしたんですよね。
帝国が崩壊してから30年経っているはずなのに帝国軍と反乱軍がまだ戦っていて、
出てくる戦闘機もほとんど変化してないXウィングとTIEファイター。
30年間何やってたんでしょ。
 実際、公開後の反響でしばしば聞くのが
“面白かったけど、「新たなる希望」を観ているみたい”
 私も観てそんな感じを持ちました。
なぜ「フォースの覚醒」はそんな既視感を感じてしまうんでしょう?

 そもそもジョージ・ルーカスがスターウォーズでやったことは娯楽映画の復権でした。
「新たなる希望」が作られた70年代、ハリウッドはアメリカン・ニューシネマのムーブメントがあって、社会性を伴ったシリアスな現実を見せるのが一つの主流でした。
そこに娯楽としての映画を改めて造り大ヒットしたのがスターウォーズでした。
 ルーカスはTVで観ていたフラッシュ・ゴードンを映画化したかったのですが叶わず、
オリジナル作品であるスターウォーズを産み出します。
SFである自由さを活かし、ルーカスはそこに過去の様々な連続活劇、娯楽映画のエッセンスを注ぎ込みました。
Xウィングの空中戦はもちろん戦争映画、
ライトセーバーはチャンバラ時代劇、
ルークやハン・ソロが酒場で絡まれるのは西部劇、
ルークがレイアを抱えてロープで谷を越えるのはターザン映画、
セールバージでの処刑は海賊映画、
様々な惑星を渡り歩くのは世界を叉にかける007のオマージュ、
etc.etc...

 では、「フォースの覚醒」はどうでしょうか。
他の娯楽映画を連想させるようなシーンはほとんどありません。
観ていると、どこかスターウォーズシリーズで観たようなシーンが多いんです。
(ひとつ他作品のオマージュと思われるのが冒頭のレイ登場シーン。
ここは「風の谷のナウシカ」の冒頭でナウシカが腐海を探索するシーンを思わせました。
「ナウシカ」は宮崎駿が「ゲド戦記」をアニメ化したかったのに叶わず、
オリジナル作品として誕生したのがスターウォーズと似てます。)

 これまでのスターウォーズが娯楽映画の集大成にしようとしていたのに対し、
「フォースの覚醒」はこれまでのスターウォーズシリーズばかり参照して
表面的にスターウォーズらしさを作っている様に見えるんです。
まるでスターウォーズの大ファンが過去作品を継ぎはぎし、
自分の観たいスターウォーズを作ってしまったかのようです。
 製作スタッフほとんどがファンであるのを表明しているので、
そうなってしまっても仕方ないのかもしれませんけど(笑)。

 なぜこれまでのスターウォーズを継ぎはぎしたような映画になったか、
その訳はやはりルーカスからディズニーへ制作が移ったことにあるようです。
「フォースの覚醒」はオープニングのタイトルロゴに、
本来ならディズニーのシンデレラ城が現れるはずが、ルーカス・フィルムのものが流れます。
つまり、ディズニーはスターウォーズをディズニー・ブランドとは距離を置かせ、
いわばスターウォーズ・ブランドとして独立させているのです。
下手にディズニーを意識させると観客が離れてしまうのを自覚しているのでしょう。
 その配慮が作品にも及んだのではないでしょうか。
制作体制が違ってもスターウォーズの世界は変わらないとアピールするために、
メカなども大幅なリニューアルはせず、プロット、シチュエーションも似たような感じにして
わざと既視感を持たせ、スターウォーズらしく見せたように思えます。

 ともあれ、主役が女性だったり、脱走兵が主要キャラの一人だったりして、
新機軸も見られますし、次作の伏線だろう幾つもの謎なども提示されています。
次回はJJ・エイブラムズらしい意表を突く展開を期待しましょう。(☆☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2016-01-17 00:39 | SF | Comments(0)
f0126707_230478.jpg 夏が終わろうとしています。
暑い夏の日、ついエアコンに頼ってしまうような夏の日が続くと思い出すのが、
「サマータイムマシーン・ブルース」です。

 「サマータイムマシーン・ブルース」は2005年9月、に公開されたSFコメディ。
 ストーリーは、
とある夏の日、とある大学のSF研究会の部室で、
部員達が暑さのあまりキレそうになっています。
昨日うっかりリモコンを壊してエアコンが使えなくなり、
部室がサウナ状態なのです。
 そこに突然現れたのがタイムマシーン。
タイムマシーンがホンモノであることが判った部員達がやろうとしたことは。。。
昨日に戻って壊れる前のエアコンのリモコンを取ってくることでした。
 でもふとしたことで、過去を変えると世界が破滅すると聞いた部員達は、
元に戻そうと大騒ぎになって。。。

 「タイムマシーン ムダ使い」のコピー通り、
せっかくタイムマシーンを手にしたのに
昨日と今日を行ったり来たりしているだけというのが、
ばかばかしくて笑えます。
 ゆる~いギャグに加え、
お気楽で、無駄にハイテンションの部員が学生らしくて
アホだなあ~、と笑ってしまいます。
本広監督、よっぽどこのメンバーが気に入ったのか、
この後の「UDON」にはこの三バカトリオをカメオ出演させています。
 メインキャストに、大ブレイクする前の瑛太と上野樹里。
上野樹里は普通の女子大生をフツーに演じていて、
後の「のだめ」と同じ女優だとは全く気付きませんでした。

 最初の15分間に後の伏線がすべて込められていて、
「アフタースクール」や「キサラギ」のように
緻密でパズルのような脚本が好きな人には絶対お勧めです。
 感心したのは、タイムパラドックスをパラレルワールドのようなものを使わなくても
納得のいく形で解決していること。
数あるタイムトラベルSFで、これほど論理的に無理のない世界観は
ちょっとないのではないでしょうか。

 映画公開当時、エアコンのリモコンを持って行くと1000円になるというサービスをやっていました。
これを観に行く時、私も映画館にリモコンを持って行ってみました。
いや、1000円で観たいというより、
ほんとにそんなアホなイベントをやっているのか確かめたくて、です。
 チケットを買うとき、
「これで。。。」
と、そっとバックからリモコンを取り出すと、受付のおねえさんはくすっと笑って
「はいっ」と確かに1000円にしてくれました。

 この映画、元は京都の劇団「ヨーロッパ企画」の舞台劇です。
本広監督とヨーロッパ企画の上田誠が再びコンビを組んだ映画、
「曲がれ!スプーン」がこの11月に公開されるそうです。
これはちょっと期待、です。
 曲げたスプーンを持って行くと1000円で観れる。。。な~んて、ないですかね。


f0126707_2314633.jpg 映画が面白かったので関連グッズのクリアファイルを買っちゃいました。
カッパ祭って何かって?
それは映画を観て確かめて下さいませ。
[PR]
by am-bivalence | 2009-09-06 23:14 | コメディ | Comments(0)
 限りある命の意義を問う、ハードボイルドSFの名品 公式サイト

 1982年に公開された「ブレードランナー」、リドリー・スコットの手で
再編集、デジタル処理された”最終バージョン”が
DVD発売前にニューヨーク、ロサンゼルス、日本限定で
劇場上映されているので観てきました。

 「ブレードランナー」は5バージョンあるそうですが、ファイナル・カット版はどう違うのか、
詳しくはeiga.comの特集記事で御覧戴くとして、
簡単に言ってしまうとディレクターズ・カット版の
修正、デジタル・リマスター版といったところでしょうか。
 目立った変更は、ゾーラの潜伏しているダンスホールで
ダンサーのカットが追加されている点、
ゾーラが撃たれてガラスのショーウインドウに突っ込むシーンが
撮り直されている(!?)点だそうで、
ディレクターズ・カット版と全体の印象はほとんど同じです。
 ただ、やはり劇場の大スクリーンで観るのはいいもので、
特に手直しされただろう音響効果が、劇場で体感すると迫力が全く違います。
ファンでしたら、劇場で観ることをお薦めします。
 
 「ブレードランナー」は「スターウォーズ」以降多数作られたSF映画の一本で、
公開当時は「スターウォーズ」のハン・ソロ役でブレイクした
ハリソン・フォード主演ということが話題になりました。
ただ、単純な娯楽作でなく難解な結末や、
未来都市のダークで閉塞的雰囲気もあいまって、
一般受けせず、興行的にはうまく行かなかったと思います。
 そんな「ブレードランナー」がこんなに長く名作として生き続けているのは
ちょっと意外というか、奇跡のようにも思えます。

 今回観直してみて、前半の未来都市のビジュアルのみならず、
クライマックスの生命について考えさせる哲学的な面も古びておらず、
同じ感慨を起こさせるのに驚きました。
 レプリカントの短命さは比喩であって、
限りある命をもって生きているのはあらゆる生命に共通、
人間もまた同じです。
死が迫ることで生への執着を実感し、限りある命を精一杯生きることに気付く。。。
レイチェルと逃避しようとしているラストのデッカードはそんな風に思えるのです。

 それにしても、こうして何度も手直しを受け、
注目される「ブレードランナー」は幸福な作品です。
                      (☆☆☆☆)
[PR]
by am-bivalence | 2007-11-25 02:16 | SF | Comments(2)
スピルバーグ、何をプロデュースしていた?  公式サイト

 私、勘違いしていました。
全米で初公開1位となり好興行成績を上げたのも、
以外と一般の評判が悪くないのも、
CG技術でみせるリアルなロボットが凄いからとか、
実写映画向けにリニューアルされたドラマが良かったからとか、
いうわけではなかったようです。
 アメリカではアニメ版が昔から大人気だったので、
子供の頃アニメを見て育った若者が喜んで観ているから、らしいです。

 この映画は、ドラマがしょーもないからといって、
文句を言うのは的外れらしいです。
元々が、おもちゃを売るためのチィープなアニメだったんですから。
むしろ、元のアニメの設定をうまく消化して生かしていることを
評価するべきらしいです。

 あっという間に変形するCGのロボット達は、確かに良くできていますが、
のしのし歩いたり、ロボットなのにまばたきしながら話す様は、
「宇宙戦争」で見たリアルで巨大なメカ兵器というより、
「ロード・オブ・ザ・リング」のエント族がメカになったようです。
 ロボットが瞬時に戦闘機になって飛んでいくところなどは、
○クロスの○ルキュリーそっくり。

 さすがにアクションシーンとなると
俄然、スピード感が増してきて、大迫力ではあります。
カーチェイスなどは「マッドマックス2」を彷彿とさせます。
 楽しませてくれるのはそれぐらいです。

 スピルバーグ、どういうプロデュースしてたんでしょう。
久しぶりに大スカを引いた気分にさせてくれた映画でした。
                              (
[PR]
by am-bivalence | 2007-08-26 20:03 | SF | Comments(4)

screen27 スパイダーマン3

 健全な少年のためのヒーローなのだろうが。。。  公式サイト

 アメコミの映画化作品は、ある程度の年齢になると、
その荒唐無稽さについて行けなくなることがあります。
まあ、娯楽と割り切ってしまえば、ツッコミ所満載の映画も
それなりに面白いものです。
 そんななか、「スパイダーマン」シリーズはちょっと視点が変わっていて、
楽しませてくれました。
 内向的な普通の青年が、突然超能力を持ちヒーローになることで
見えてくるリアリティです。

 1作目では、自分には関係ないと逃がしてしまう強盗によって
叔父が殺されてしまうエピソードが、ヒーローになる動機に、
強い説得力を持たせました。
(ヒーロー活動は、見方を変われば”お節介”とも取れますが、
それを”力を持つ者の責任”としたのは、ある意味アメリカ的でもあります。)

 2作目では、アルバイトとスパイダーマン家業の二足のわらじで
ピーター・パーカーが過労気味になってしまうのが、
”ヒーローはボランティアだったんだ”と認識させてくれました。

 では3作目でも、何か新しい視点を示してくれるかというと、
それが見当たらないのです。
 あえて言えば、今回は、スパイダーマン自身が
これまでの敵の苦悩を体験する点でしょうか。

 前作までの敵(グリーンゴブリン、ドック・オク)は
超能力と引き換えに、精神に異常をきたし、
自分を見失って、悪役となっていきました。
 それがスパイダーマンに、敵であっても倒すに忍びないジレンマを与え、
「スパイダーマン」独特の世界観となっていました。

 今回は、アメーバのような生物に取り付かれることで、
スパイダーマン自身が精神的に蝕まれ、
”ダークサイド”に引き込まれそうになります。
(ワルっぽくなったピーターが、
ダサく見えるように演出しているのが笑えます。)
 この体験がスパイダーマンを大きく成長させているかといえば
そう見えないないところが、本作の物足りなさだと思います。

(以下、ネタバレ?)
 むしろこの体験後、最後にスパイダーマンの取った”敵を許す”という決着は、
私は、安直でないか?と疑問に思ってしまうのです。

 相手を理解し、共感するのは大切ですが、
悪にも事情があったからといって、何の贖罪も無しに
犯した罪を許してしまうのは、いかがなものでしょうか。
 サンドマンが娘を思って悪事に走ったのは同情の余地がありますが、
だからといって現金強盗してもよいという事は無いでしょう。
叔父殺しもピーターの中で許せたとしても、見逃せるものではないはずです。
 まだ、「デスノート」のように、殺されて当然の犯罪者を抹殺していくキラを、
殺人は殺人、罪を問われるべきと断罪した倫理観のほうが正しいように思えます。
 スパイダーマンのヒューマニズムが
安易な方向に向いてしまったような気がしてなりません。

 全体的に3部作の完結編的ストーリーとなっているため、
多くを盛り込み過ぎて、消化不足の感がするのが残念です。
                              (☆☆)


 参考文献:「ハリウッド・ビジネス」 ミドリ・モール著 文春新書

  「スパイダーマン」は映画化が望まれながらも、著作権が二転三転して、
  なかなか映画化に結びつかず、ジェームズ・キャメロンも諦めたのは
  よく知られています。
   本書はその経緯を始め、映画の著作権を巡る駆け引き等、
  映画ビジネスの裏側を解説してくれます。
   著作権のトラブルでビデオ・DVD化できなくなった映画が以外にあるそうです。
  そういえばあの映画、最近見かけないけど大丈夫かと、想像したりします。
[PR]
by am-bivalence | 2007-05-30 23:35 | アクション | Comments(2)