人気ブログランキング |

劇場で観た映画の覚え書き


by am-bivalence
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

タグ:お楽しみ ( 1 ) タグの人気記事

 映画パンフレットはプログラムとも呼ばれます。
私は長い間、なぜプログラムと言うのか不思議でした。
語意として変だからです。

 ロードショーが一般的になる前の日本の映画館は、
何本立てかで上映するのが普通だったので、
その日の上映作品と簡単な解説を印刷して配布したそうです。
それがプログラムの始まりなんだそうです。
 だから、語意としてはパンフレットが正しいのですが、
由緒正しい呼び名はプログラムということになります。
今でも老舗の映画館などではプログラムと表示しています。
 そんな訳で、海外では映画パンフレットの類が無いそうですが、
海外で映画を観たことが無いので、真偽のほどは判りません。


f0126707_012861.jpg

これは今年買ったプログラム。
年々プログラムが増えていきます。。。。
 最近はプログラムも趣向を凝らしたものが多いです。
今年のプログラムで面白いものを幾つか紹介しましょう。


f0126707_021818.jpg

f0126707_024123.jpg

 今年のプログラムは表紙を切り抜いたタイプが目立ちました。
「パンズ・ラビリンス」「キサラギ」「ラッキーナンバー7」「リトル ミス サンシャイン」
「ラッキーナンバー7」は表紙が7の字に合わせ切り欠かれています。
「リトル ミス サンシャイン」は絵本のような表紙ですが、映画はちょっと辛口。
 「パンズ・ラビリンス」と、後で紹介する「レミーのおいしいレストラン」は
前半部分に簡単な物語が絵本のように書かれていて、
小さな子供でも楽しめるようになっています。


f0126707_03116.jpg

 「パフューム」は臭いの映画らしく、香り付です。
この写真のバラの部分をこするとバラの香りが。


f0126707_032113.jpg

f0126707_041229.jpg

 「ブラックブック」は映画スチール風シートのセットになっていて、
裏面に記事が書かれています。
昔の映画館は、こんなスチール写真が入り口に飾られていましたねぇ。


f0126707_043488.jpg

 解りにくいですが「レミーのおいしいレストラン」はシール付。
このページがシールになってます。
(「Mr.インクレディブル」にも付いてました。)
こういうシールはもったいなくて使えません。


f0126707_04598.jpg

 「めがね」は表紙、裏表紙が厚紙になっていて、簡単には曲がりません。
見返しにはメルシー体操の図解。
 中には劇中に出てきたハマダへの地図が綴じられています。
f0126707_05162.jpg




f0126707_053579.jpg

 「琉球カウボーイ、よろしくゴザイマス。」は、のし付でゴザイマス。


f0126707_06020.jpg

f0126707_062168.jpg

「…三丁目の夕日」「…続・三丁目の夕日」の表と裏。
「…続・三丁目の夕日」は本編同様、「…三丁目の夕日」との完璧なセットみたいです。
劇中では前作から1年ぐらいしか経っていないのに、街並みがずいぶん違うのは気のせい?

 以上、また来年も面白い映画が観れますように!
by am-bivalence | 2007-12-30 00:23 | 映画鑑賞 | Comments(4)